木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ペットをスヌートで見抜く!】PetNowが猫と犬を特定できると主張

【ペットをスヌートで見抜く!】PetNowが猫と犬を特定できると主張

>標準的なペットIDツールであるタグやチップは、完全ではありません。タグは簡単に取り外され、すべての飼い主がペットにマイクロチップを埋め込むことに快適ではありません。マイクロチップに慣れている人々でさえ、チップの損傷や古いIDデータベースの問題に直面することがあります。

この課題にインスピレーションを受け、Jesse Joonho LimさんとKen Daehyun Pakさんは、ペットの顔をスキャンして識別できると主張するアプリケーションPetnowを立ち上げました。Petnowは、Daedeok Venture PartnersとDigiCapから5,250万ドルの資金を調達し、2400万ドルの評価額でStartup Battlefield 200の参加企業となっています。

Limさんは、2018年にPetnowを設立する前に、Chips&Mediaという半導体のスタートアップを共同で率いていました。また、電気工学の博士号を取得しているPakさんは、Petnowに参加する前の10年以上にわたりAIビデオ処理の研究者として活動していました。

Petnowは、AndroidおよびiOS用のモバイルアプリからペットの顔をカメラでスキャンすることで動作します。Petnowは、Petnowチームとユーザーのペットから収集された約20万枚の犬と猫の鼻先の画像のセットでトレーニングされたAIを活用して、ペットごとに固有の生体情報プロフィールを作成します。

ペットの背後に家族のメンバーが偶然写りこむことを心配する必要はありません。Petnowは犬や猫を自動的に検出し、その他の部分を切り抜くためのアルゴリズムを使用すると主張しています。

犬の場合、Petnowは「鼻のプリント」を記録します。はい、鼻のプリントです。このスタートアップは、犬の鼻が人間の指紋と同じくらい固有であり、時間の経過に関係なく変化しないため、犬を識別する信頼性のある方法だと主張しています。猫の場合、Petnowは猫の「顔の輪郭」を見ますが、猫の個々の「手入れ習慣」によるものであるために独特のものだとしています(私としては、それは犬の鼻のプリントより少し疑わしいように思えますが、それはさておき)。

LimさんとPakさんは、人々が獣医を訪れずにペットを登録し、行方不明のペットを見つけ、保険の状態を確認するための「ペットID」を作成するためにPetnowを使用することを想像しています。

「ペットの識別市場は現時点では成熟していないかもしれませんが、結局のところ大きくなるでしょう」とLimさんとPakさんはTechCrunchとの電子メールインタビューで述べています。「ペットの識別技術は、一時的にバイラルになる製品やサービスとは異なり、人々が継続的に使用できる基本的な製品です。ペットは人と同じようにIDを持つべきであり、そのデータは究極のペットプラットフォームを形成するためにバックアップされる可能性があります」と述べています。

しかし、問題は、技術が広告として謳っているように働くのかということです。

Petnowは、個別の犬と猫を識別する際にアルゴリズムが「99%正確」であると主張しています。ただし、最高の画像分析AIであっても、意図的なバイアスまたは無意識のバイアスに影響を受ける可能性があることはよく理解されています。

たとえば、少なくとも6人の全員が黒人である人々が、顔認識技術を使用して警察によって誤って逮捕されたと報告されています。顔認識アルゴリズムは、黒人の顔が十分に含まれていないデータセットでトレーニングされることがしばしばあります。または、別の顔と区別するアルゴリズムの能力に干渉する貧弱で粗い照明条件で撮影された使用者数の多い黒人の顔写真が含まれるマグショットデータベースでトレーニングされることがあります。

一時的に顔認識に固有の課題は置いておいて、動物の世界でも専門家でさえ犬種の違いを判別するのに苦労しています。最近の研究では、全国の犬の専門家5000人を対象にした調査により、DNAによって識別された犬の種類を少なくとも一つ見分けることができるのはごく一部の人だけだとわかりました。

Petnowは、トレーニングデータベースが着実に拡大しており、ペットの写真が最適な明るさとシャープネスで撮影されるようAIを使用していると主張しています(データプライバシーに関する質問に対する対応として、Petnowはユーザーの承諾なしにユーザーまたはペットの情報を第三者に提供せず、いつでも保存されたデータを削除するオプションを提供しています)。また、Petnowは、同社のデータサイエンティストが共著したジャーナルIEEE Accessの研究を引用しており、犬の鼻のプリント識別技術は鼻の間の識別率が99%を超えていると示しています。

ただし、この研究は2021年に遡るものであり、トレーニングデータセットが当時はおそらく小さかったでしょう。また、Petnowは猫の顔認識アルゴリズムに関する同様の研究論文を作成していると主張していますが、まだその研究を公開していません。

リスクは高いです。アルゴリズムのミスによって家族が行方不明のペットを探す手助けができなくなったり、獣医が間違った動物のワクチン記録を取り出す可能性があります。

公正を期すために言っておきますが、Petnowは現在のところペットケアプロバイダーや保護施設の間での採用が比較的遅いです。現在、Petnowには約7万人のユーザーがいますが、フランス、トロント、韓国(同社の本拠地)の企業や公共部門の顧客としては5社の非公開の契約を

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments