金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【まるで未来!2023年AI最新アプリ10選、今年だけで14億円以上の収益】

【まるで未来!2023年AI最新アプリ10選、今年だけで14億円以上の収益】

ChatGPTやOpenAIテクノロジーのアソシエーションをアピールするアプリへの消費者の需要は、数百万ドルがモバイルアプリに流れ込むことになりました。データ分析プロバイダーdata.aiによるAIアプリのエコシステムの新しい分析によると、今月になって消費者はChatGPTやOpenAIテクノロジーを使用したことを宣伝する最も高収益の10のアプリで1400万ドル以上を費やしたそうです。そして、その需要は今も増え続けています。

2023年2月、これらの10のアプリが世界の消費者支出のほぼ59%を占めたとのことです。そして3月の最初の20日間で、さらに11%増の1日平均232,000ドルの消費者支出を記録していました。

明らかなことは、「AI」の機能やChatGPT、OpenAIなどの言及を統合することで需要を引き起こすことができるということです。ほとんどのアプリは、AIの追加以前には顧客の支出がほとんど見られなかったと考えられます。例えば、同じグループのアプリは2022年12月に世界の消費者支出がたったの160万ドルで、これが3.7倍に増えて2023年2月の合計金額に達しました。また、分析によると、先月は1月に380万ドルの支出があったのに対して55%増加しています。

この傾向から一つの例外的なアプリがあることがわかりました。Pixelcut AI Photo Editorは、GPTを使用する「マジックライター」と呼ばれる複写ツールを2023年1月に発売する以前にも相当な収益を生んでいました。2022年12月には81.7万ドルの消費者支出がありました。2月には、data.aiの推定によるとわずかに収益が減少し、81.3万ドルとなりました。2023年1月1日以前には、Pixelcutはグローバルで1,980万ドルの売上を生み出していたので、まだ十分成功しています。

data.aiの分析には、Pixelcut AI Photo Editorのほかに、Genie – AI Chatbot、AI Chat – Chatbot AI Assistant、AI Chatbot – Open Chat Writer、Apo – AI Personal Assistant、Chat AI Bot – Writing Assistant、ChatOn – AI Chatbot Assistant、AI Chat – Ask Anything、Chat AI – Ask Anything、およびGoatChatのトップ収益アプリが含まれています。

これらのアプリの興味深いところは、ほとんどが独自のブランドとアイデンティティを確立して顧客を誘引しようとしていないことです。代わりに、アプリのタイトルにキーワードを散りばめて、検索用語に合致するものにすることでダウンロード数を増やしようとしています。このような単語には、「AI」「Chat」または「Chatbot」「Assistant」などが含まれます。アプリの収益総額を見ると、それらが正しいと言えます。

このグループのアプリは、App Storeで「OpenAI」という用語での検索結果が高いランクで表示されていることもわかりました。これは、OpenAIが公式のモバイルアプリを提供していないため、どれだけの市場を失っているかを示唆するものです。先月、会社は、モバイルユーザーが既存のWebインターフェイスではなく、専用のエクスペリエンスからAIにアクセスできるようにするChatGPTアプリを開発していると報告されましたが、同社は報告にコメントすることを拒否したため、現在のプロジェクトの状況は不明です。

中間者の役割を果たすAppleはまた、AI搭載アプリの殺到に苦しんでいます。例えば、1月には、App StoreとGoogle Playが、ChatGPTにアクセスするために高額なサブスクリプション料を請求するため、OpenAIと関連すると主張する怪しげなChatGPTアプリで溢れかえっていました。特筆すべきアプリの1つ、「ChatGPT Chat GPT AI with GPT-3」(キーワードスタッフィングの名前です!)は、Appleによって削除される前にApp Storeのトップに上り詰めました。

その後、同社は対策を講じました。例えば、Hidde van der Ploegというアプリ開発者が、Apple WatchでChatGPTに参加できるアプリを作成しましたが、「WatchGPT」というアプリ名で受け入れられませんでした。救済措置を待つことなく、彼はアプリを「Petey」と改名し、承認されました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments