木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【最新決済革命!】FlexPayが2023年を覆い尽くす!

【最新決済革命!】FlexPayが2023年を覆い尽くす!

>FlexPay Technologiesは、消費者に本来手の届かない製品を手に入れることを可能にしようとするケニアのフィンテック企業です。

このスタートアップでは、顧客がパートナーメンチャントでショッピングし、製品を予約し、追加費用なしで時間をかけて支払うことができます。初めはケニアの小売業者と提携しましたが、2020年にスケールアップし、現在までにパートナーメンチャントのネットワークを600まで拡大しました。スタートアップは2023年のスタートアップバトルフィールド200の一部であり、「今貯めて後で買う」という提供を広げるにつれて、パートナーメンチャントの数はさらに増える予定です。

「FlexPayは、消費者が小売製品に支払わない場合でも、バケーションや学費のために貯金し、支払うことができるような活動的な銀行口座のようになりたいと考えています」と、FlexPayの共同創業者兼CEOであるRichard Muchombaは述べました。また、スタートアップは現在、ユーザーがフライトチケットやホテルを予約し支払うことができるパートナーシップの締結プロセスにあるとも述べました。

これは、顧客を維持するための継続的な戦略の一環であり、初期の製品であるFlexPay Goals(目標貯金を持つユーザー向け)、FlexPay Chama(グループでの共同貯金を可能にする)、Mama Prime(出産前後のケアの貯金をサポートする)の導入に続いています。

顧客は、アプリまたはパートナーメンチャント(オフラインを含む)に登録して支払いを始めます。オンラインショッパーは、チェックアウト時に支払いオプションとしてFlexPayにアクセスできます。

「オフラインのメンチャントはUSSDを介して顧客を登録し、ある意味で店舗オーナーは私たちの代理店となりました」とMuchomba氏は述べています。Muchomba氏は、Johnson Gituma(COO)と共同設立したスタートアップです。

顧客は、FlexPayを通じて初期の預金を行い、残りの金額をあらかじめ決められた期間で支払います。

「分割数や顧客が支払うべき金額は設定しませんが、小売業界では、多くのメンチャントが3か月以内に支払いを許可しています。支払い期間は業界によって異なり、旅行業界では最大1年になります」とMuchomba氏は述べており、成功率は96%だと説明しています。

FlexPayは、プラットフォームを介して販売された製品やサービスごとに5%の手数料を受け取っています。これまでに20万人以上の顧客にサービスを提供したと主張しており、ウガンダとナイジェリアでの新たな展開後にこの数はさらに増える予定です。

FlexPayの「今貯めて後で買う」モデルは、クレジットベースの「今買って後で支払う」(BNPL)モデルとは異なり、利子を請求せず、顧客が良好な信用スコアを持っている必要はありません。

「FlexPayを使って製品を購入する理由は、このモデルが従来から存在しているからです。私たちはただそれをデジタル化しました。人々は高額な商品を一度に購入できないため、後で支払うモデルがアフリカ市場に適していると考えています」とMuchomba氏は述べました。

「裏側で、私たちは予算に優しいかつ持続可能な金融商品を構築するために使用するデータを収集しています」と述べています。

FlexPayはこれまでに総額78.5万ドルを調達し、アカシア・グループ(旧Cairo Angels Syndicate Fund)、LoftyInc、Expert Dojo、Google Black Founders Fund、Renew Capitalなどの投資家から支援を受けています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments