月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【最先端のAIモデルを実用化!】Lastmile AIが1億ドルのシードラウンドを締結

【最先端のAIモデルを実用化!】Lastmile AIが1億ドルのシードラウンドを締結

>LastMile AIは、ソフトウェアエンジニアがジェネレーティブAIモデルを開発・統合するためのプラットフォームであり、GoogleのAIに焦点を当てたベンチャーファンドであるGradientが主導する種まき資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達しました。

AME Cloud Ventures、VercelのGuillermo Rauch、10x Founders、Exceptional Capitalもこのラウンドに参加し、LastMileの共同創業者兼CEOであるSarmad Qadri氏によると、この資金はスタートアップの製品とサービスの充実、そして7人のチームの拡大に使われるとのことです。

「機械学習やAIのより広範な領域は、計算リソースの制約、専門知識の制約、高品質なトレーニングデータの制約などにより、何度かのAIの冬を経験してきました」とQadri氏はTechCrunchとの電子メールインタビューで述べています。「私たちは、ツールや異なるワークフローの統合化、そして深い技術的専門知識の必要性の簡素化により、ジェネレーティブAIを民主化する計画を立てています。」

メタの製品エンジニアリングチームのメンバーでもあるQadri氏と、LastMileの他の共同創設者であるAndrew Hoh氏、Suyog Sonwalkar氏は、LastMileの立ち上げ前にMetaでツール開発に携わっていました。Metaでは、機械学習エンジニアやデータサイエンティスト向けのAIモデル管理、実験、ベンチマーキング、比較、モニタリングツールなどの開発を行っていました。

Qadri氏は、これらのツールがLastMileのインスピレーションとなったと述べています。

「最近のAIへの関心と採用の波は、ジェネレーティブAIをツールキットの新しい要素として使用しているソフトウェア開発者やプロダクトチームによって推進されています。それにもかかわらず、機械学習の開発者ツールは、主に研究者やコアの機械学習専門家を対象としています」とQadri氏は述べました。「私たちは、ソフトウェアエンジニア向けに構築された新しいクラスのAI開発者ツールを提供することで、ビルダーたちを力に満ちた存在にすることを目指しています。」

たしかにQadri氏の指摘は一理あります。AIの採用に伴う膨大な物流上の課題に直面している企業の中には、テクノロジーが提供するすべてをどのように活用すればよいかが明確ではありません。

最近のS&P Globalの調査によると、ITリーダーのおよそ半数が自社がAIを導入する準備ができていないと述べており、AIを会社のワークフローに完全に組み込むには5年以上かかると考えています。一方、約1/3はまだ試験や概念実証の段階にあり、AIプロジェクトで「エンタープライズスケール」に到達した企業よりも多いと報告しています。

同時に、ビジネスリーダーたちはAIを取り入れる機会を悲観的に捉えていません。2022年のガートナーの調査では、経営幹部の80%以上が自動化を任意のビジネス上の判断に適用できると考えています。モデル管理は障害の一因となっており、組織は監視する必要があるモデルを「何千も」保有していると回答しています。しかし、AIの専門知識など、他の要素は想定されるほどの問題ではないと指摘されています。

LastMileは、開放型およびクローズドソースのモデルプロバイダからのテキスト生成および画像生成モデルを利用したジェネレーティブAIアプリケーションの作成を顧客に可能にします。開発者はこれらのモデルを独自のデータでカスタマイズし、新しいアプリケーションや既存のアプリケーション、製品、サービスに組み込むことができます。

LastMileのAI Workbooksモジュールを使用すると、ユーザーはシングルペインのグラスから異なるモデルを試してみることができます。一方、AI Workflowsツールはさまざまなモデルを連鎖させて、音声をテキストに変換し、そのテキストを翻訳して合成音声を適用するようなより複雑なワークフローを構築することができます。そしてAIテンプレートモジュールは、LastMileのAI開発スイートの最後のモジュールであり、チームメンバーや広範なLastMileコミュニティと共有できる再利用可能な開発設定を作成します。

「LastMileの目標は、AIアプリケーション開発のライフサイクル全体を網羅する単一の開発者プラットフォームを提供することです」とQadri氏は述べています。「現在、AI開発者の道のりは分断されており、多くの異なるツールとプロバイダを繋げ、すべてのステップにおける繊細な理解が必要とされるため、参入の障壁が高まっています。私たちは、機械学習の研究科学者ではなく、ソフトウェアエンジニアが使えるAIパワードのアプリやワークフローを開発するためのプラットフォームを構築することに焦点を当てています。」

ただし、LastMileはAIツーリング、計測、展開の領域でこれらの課題に取り組む唯一の企業ではありません。

競合他社について尋ねられた際、Qadri氏は、個人や組織のデータの上にLLMの能力を活用するためのフレームワークを提供するスタートアップLlamaIndexを挙げました。また、LangChainはQadri氏の目にも競合他社であり、GPT-4のような大規模な言語モデルを使用するアプリの作成を簡素化するオープンソースツールキットです。

しかし、競争があるにせよないにせよ、Qadri氏は、売上を上げていないニューヨーク市を拠点とするLastMileにとって、新興だが急速に成長している分野で大きなチャンスがあると考えています。ある報告によると、2023年までにAIモデル運用の市場は166.1億ドルに成長する見通しです。

「企業は、アプリケーションやワークフローにAIを組み込むためのビジネスの刷新を検討していますが、それを生産環境に導入するのを阻止する最終段階の問題に直面しています ― 例えば、法人のウェブサイトにChatGPTベースのチャットボットがどれだけ組み込まれていますか?」とQadri氏は述べました。「これらの障壁は、迅速な実験と評価を可能にする優れたAI開発者ツールによってほぼ解決

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments