木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【驚異のAIネットワーキングハードウェア!】Enfabricaが12億5000万ドル調達、AIワークロードを一気に進化させる!

【驚異のAIネットワーキングハードウェア!】Enfabricaが12億5000万ドル調達、AIワークロードを一気に進化させる!

>Enfabricaは、AIと機械学習のワークロードを処理するために設計されたネットワーキングチップを開発している会社で、共同創設者兼CEOのRochan Sankarによれば、同社はシリーズBの資金調達ラウンドで1億2500万ドルを調達し、シリーズAのアフターマネーバリュエーションの「5倍」の価値を持つと発表しました。

Atreides Managementをリードとし、Sutter Hill Ventures、Nvidia、IAG Capital Partners、Liberty Global Ventures、Valor Equity Partners、Infinitum Partners、Alumni Venturesの参加を得て、新たな資金調達によりEnfabricaの総調達額は1億4800万ドルになりました。Sankar氏によれば、これはEnfabricaのR&Dおよびオペレーションを支援し、エンジニアリング、営業、マーケティングチームの拡大に利用される予定です。

「Enfabricaがこのような規模の資金調達を達成したことは、チップスタートアップ市場で非常に厳しい資金環境にあった中で、また一般的にディープテックのベンチャー資金調達においても、多くの競合他社とは異なる存在となったことを示しています」とSankar氏は述べています。「生成AIおよび大規模な言語モデルが、多様な産業においてクラウドコンピューティングのインフラストラクチャの主要な推進力となっている中、Enfabricaのようなソリューションは、ネットワーキング技術への非常に高い需要に応える潜在能力を持っています」。

Enfabricaは2023年にステルス発表されましたが、その始まりは2020年です。Sankar氏は以前Broadcomのエンジニアリングディレクターであり、Googleのネットワーキングプラットフォームとアーキテクチャを担当したShrijeet Mukherjeeと協力して、AI産業の「並列、加速、異種」インフラ(つまり、GPU)の成長に対応するためのスタートアップ「Enfabrica」を立ち上げることを決めました。

「我々は、AIコンピューティングのインフラストラクチャを大規模にスケーリングするためには、ネットワーキングシリコンとシステムも同様のパラダイムシフトを経る必要があると考えました」とSankar氏は述べています。「現在のAI革命によって引き起こされる最大の課題は、コンピューティングコストとコンピューティングの持続可能性の両面でのAIインフラストラクチャの拡大です」。

Cisco、Meta、Intelなどの企業から参加したいくつかの創業エンジニアとともに、Sankar氏がCEO、Mukherjee氏がChief Development Officerとして、Enfabricaはネットワーキングチップのアーキテクチャを開発し始めました。これにより、AIを含む並列ワークロードのI/Oおよび「メモリ移動」の要件を満たすことができるとされています。

Sankar氏は、スイッチなどの従来のネットワーキングチップは、現代のAIワークロードのデータ移動ニーズに追いつくことができず、問題が生じると述べています。Sankar氏によれば、現在トレーニングされているいくつかのAIモデル(例えば、Metaの「Llama 2」と「GPT-4」)は、トレーニングプロセス中に大量のデータセットを取り込むため、ネットワークスイッチはボトルネックになる可能性があるそうです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments