金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【急上昇する言語学習アプリ!】ElsaがシリーズCで資金調達

【急上昇する言語学習アプリ!】ElsaがシリーズCで資金調達

>ELSAは、英語学習プラットフォームであるが、本日、シリーズCの資金調達で2,250万ドルを調達したことを発表した。また、ELSA AIチューターを開始した。これは、アプリによって収集された数年間の音声認識データを活用し、生成型AIによって会話を再現し、学習者が発音、文法、イントネーションを修正できるようにするものである。これにより、ELSAが今までに調達した合計金額は6000万ドルになる。

このラウンドは、UOBベンチャーマネジメントをリードし、UniPresident、Aozora Bank、ベトナムインベストメンツグループ(VIG)、国際振興銀行(DBJ)も参加した。既存投資家のGradient Ventures(GoogleのAIに特化したファンド)、モンクズヒルベンチャーズ、グローバルベンチャーズも再参加した。UOBシニアディレクターのClarissa LohがELSAの取締役会に加わった。ELSAの最後の資金調達は、2021年1月に発表された1500万ドルのシリーズBである。このスタートアップは、サンフランシスコ、リスボン、ホーチミン市にオフィスを持っている。

ELSAの創設者兼CEOであるVu Vanは、電子メールで「この資金調達は、われわれのプラットフォームのサポートと拡大、たとえば新たな投資家との連携による台湾での更なる成長、中東やトルコへの展開、日本での成功を基盤にした学生との関係およびB2Bへのさらなるフォーカスの強化など、グローバルな提供をサポートおよび拡大するために使用されます。英語は世界中で求められる主要な求人要件ですので、より多くの人々が強力な英語力を身につけて世界の求人市場に参加できるようにしたいと思います」と述べている。

ELSAは2016年にVanによって創設され、そのプラットフォームには、個別の学習計画を持つスピーキングレッスン、テストおよび面接の準備、会話スキルの向上を支援する音声分析機能が含まれている。ELSA AIチューターは、ユーザーが聞いた内容に応答する役割プレイシナリオがあり、ユーザーの会話スキルの向上を支援する声に基づくAIチューターである(たとえば、カスタマーサービスのポジションなど)。ELSA AIチューターは、発音、文法、リズムの修正方法、ビジネスの場で適切なトーンを使用しているかどうかに対するアドバイスを音声認識して提供する。この機能は、過去の成績も記憶しているため、ユーザーにカスタマイズされたレッスンを提供することができる。ELSA AIチューターは、チューターとのリアルタイムの会話練習ができるが、実際にはチューターにアクセスできない人々のために設計されている。

投資に関する声明の中で、Lohは、「私たちは人工知能が教育業界に新たな進路を開拓すると信じています。ELSAの手頃な価格で個別化されたAIによる英語スピーキングソリューションにより、ユーザーは自分のスキルを向上させることができ、特に発展途上国においてはより多くの就職機会が生まれるでしょう。私たちは、特に東南アジアでのELSAの成長をサポートすることに興奮しています」と述べた。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments