月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【待望の食事革命!】FunNowとEatigoが合体、飲食業界を一変させる!

【待望の食事革命!】FunNowとEatigoが合体、飲食業界を一変させる!

>FunNowは、ユーザーがアジア5か国で即時予約可能なアクティビティを予約できる台湾拠点のアプリであり、Eatigoとの合併を通じて、東南アジアでの事業拡大を図っています。契約条件は非公開ですが、FunNowのCEOであるTK Chen氏によれば、これは東南アジアで最大のCOVID-19後O2O M&A(オンライン・トゥ・オフラインの事業統合・買収)ディールだとのことです。

この取引の一環として、EatigoはFunNow Groupの主要株主となります。EatigoのCEOであるMichael Cluzel氏はFunNowの取締役に就任し、Chen氏はグループの社長兼CEOを務め続けます。

2015年に設立されたFunNowは、250万人のユーザーを抱えており、供給と需要に基づいて事業者がプラットフォーム上で顧客に異なる価格を提供することができる動的価格戦略を採用しています。台湾での立ち上げ後、FunNowは日本、香港、マレーシア、タイに進出してきました。この期間中、マレーシアのレストラン予約プラットフォーム及びSaaSプロバイダーであるTABLEAPPの買収、台湾の家族向けアクティビティ予約プラットフォームであるNicedayの買収を含む一連の買収を通じて成長してきました。FunNowは設立以来、PChome、KKday、Wistronの企業ベンチャー部門などから総額2,250万ドルの資金を調達しています。

Eatigoは2013年にバンコクで設立され、収益管理技術を活用して4,000のレストランが割引率最大50%で閑散時に客を予約できるようにしています。タイ、香港、シンガポール、マレーシア、フィリピンで事業を展開し、500万人のユーザーベースを持っています。投資家にはTripAdvisorも含まれます。

Chen氏はTechCrunchに対して、2つの会社が合併を決定した理由は、経済的な規模を広げながら運営コストを低く抑えることができるからだと述べています。「F&B(飲食)はライフスタイルにおいて非常に重要なセクターであり、FunNowはマルチカテゴリのライフスタイルプラットフォームです」とChen氏は述べています。「私たちはF&Bに注力し、さらにリソースを投入したいと考えています。なぜならそれが最大のライフスタイルカテゴリーなのです。」

Chen氏はこの合併により、FunNowの収益が倍増すると述べています。FunNowとEatigoのアプリは引き続き別々に運営されますが、2社のビジネス運営は統合されます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments