金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【学生の未来を変える!】FirstCardがシードマネーを調達し、クレジット構築をサポート

【学生の未来を変える!】FirstCardがシードマネーを調達し、クレジット構築をサポート

>Kenji Niwaは、2017年にUCバークレーでMBAを取得するために米国に移住した移民起業家であり、クレジットカードを含む金融商品を信用履歴なしで入手する難しさを経験しました。Niwaは、アメリカでの経済的なストレスを受ける国際留学生だけでなく、地元の大学生も信用スコアの低さによる同じ問題に取り組んでいることに気付きました。

「大学生のうち約50%がクレジットカードを持っておらず、過剰な支出や申請の拒否を恐れている」とNiwaはTechCrunchに語りました。「Gen Z世代の消費者のうち、29%がクレジットスコアを持っていないか、自分が持っているかどうかわからない」とも、NiwaはFICOの最近の調査を引用して述べました。

NiwaとCTOのDaniel Junqueiraは、2020年にFirstcardを共同設立し、国内外の大学生に金融商品を提供して信用を築き、経済的な成功を収める支援を行っています。この3年間のスタートアップは、本日4.7百万ドルのシードラウンドを調達し、総額7.7百万ドルの資金を集めたことを発表しました。

「私たちは、良い信用スコアが学生の将来のために不可欠な前提条件であり、クレジット履歴の有無に関係なく、誰もが金融商品に平等にアクセスできるべきだと考えています」とNiwaは述べています。

最初のステップとして、このスタートアップはデビットカード「Credit Builder Card」を今月、最初にスタンフォードとUCバークレーの学生を対象にしてローンチしました。

Firstcardは学生向けの銀行口座を提供し、選択されたハイパーローカルな店舗で15%までのキャッシュバックが可能です。デビットカードには年会費はかからず、最低入金額や信用履歴も必要ありません。スタートアップは、「Firstcard」では1.25%の年間利回り(APY)で節約ができ、さらに「Firstcard Plus」では最大4.25%のAPYを獲得できると述べています。

その上で、Firstcardは大学生向けのコミュニティを構築し、将来的には奨学金や学生ローンも提供する予定です。「信用の問題は、学生のための金融ツールと教育の不足の象徴であると考えています」とCEOは述べています。「たった22の州だけが学生に財務のリテラシーの授業を受けさせる必要があるため、多くの学生が大学卒業後の自分自身の財務管理に準備不足となっています」とも述べています。

このスタートアップのこれからの機能には、人工知能(AI)を活用したファイナンシャルアドバイザーツールが含まれます。これにより、ユーザーの金融行動を分析し、節約のためのボーナスAPYを獲得するための解決策を提案します。さらに、金融教育コンテンツも提供します。

フィンテック業界の競合他社にはネオバンクが含まれています。Niwaによれば、これらの競合他社の一部はキャッシュバックやAPYのようなクレジットオファリングを提供していますが、Firstcardよりも低い水準です。

収益化の方法は、インターチェンジ手数料、Firstcard Plusユーザー向けの月額3ドルの定期購読料金、未発表の無担保クレジットカードの利子収入です。

FirsthandはNiwaの最初のスタートアップではありません。Niwaは、米国に移る前の2015年に、大学生向けのインターンシップ・就職情報を提供する人材プラットフォーム「i Tank Japan」を売却しています。

この資金を使って、会社は製品開発とマーケティングを強化する予定です。

最新のラウンドには、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルファームが参加し、AngelList Early Stage Quant Fund、CyberAgent Capital、East Venture、そして日本のサッカー選手のKeisuke Hondaも以前の資金調達に参加しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments