火曜日, 2月 27, 2024
ホームスタートアップ【大揺れ!OYOシニアエグゼクティブが続々辞任】公開株式上場の議論の真っ只中で

【大揺れ!OYOシニアエグゼクティブが続々辞任】公開株式上場の議論の真っ只中で

バジェット・ホスピタリティーのスタートアップ、Oyoの2人のシニアエグゼクティブが退社しました。退社は、同社が上場を計画しているわずか数か月前のことです。

アンキット・グプタ氏は2019年にユニコーン・スタートアップに入社し、インドの最高経営責任者(CEO)を務め、マンダル・ヴァイダ氏は同スタートアップの欧州ビジネスを率いました。Oyoの広報担当者は声明の中で、エグゼクティブたちは6か月前に退社したと述べています。

Oyoの上場計画は、ソフトバンク、Lightspeed、Peak XVからのバックアップを受けており、現在の市況を考慮し、複数回の延期を行った後、今年中に進める予定です。

Oyoは元々、2021年10月に上場し、評価額約120億ドルで最大16億ドルを調達することを目指していました。その後、計画を延期し、現在は11月に上場する予定で目標の調達額を約6億ドルに縮小しました。

エグゼクティブの退社は、かつて100億ドルで評価されていたOyoにとっては好ましくない展開の最新事例です。Oyoの最大の投資家であるソフトバンクは、昨年、同スタートアップの保有株の評価を下げ、評価額を27億ドルとしました。

インドのニュースアウトレットThe Arcによると、退社の報道が初めて報じられました。

Oyoは、エクイティ(プライマリー+セカンダリー)と債務によるファンディングラウンドで、これまでに32.3億ドルを調達しています(トラクスンの情報によると)。

Oyoの広報担当者は声明の中で、Varun Jain氏がOyoインドのCOOに、Gautam Swaroop氏がOyo Vacation HomesのCEOに就任したことを述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments