木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【究極の食糧革命!】モートを持つ細胞農業スタートアップとの契約ダイブ

【究極の食糧革命!】モートを持つ細胞農業スタートアップとの契約ダイブ

>ラボで育てられた肉を食べることはできますか?もしも美容製品にラボで育てられたコラーゲンが含まれていた場合、同じ答えを出しますか?

前数年間で、細胞農業というアグリカルチャープロダクトを細胞培養から育てるプロセスは勢いを増してきました。今年初め、米国食品医薬品局はUpside FoodsとGood Meatのラボで育てられた鶏肉のレストランでの販売計画を承認しました。これらの会社だけでなく、多くの他の細胞農業スタートアップも大量のベンチャードルを調達しています。

勿論、細胞農業の台順は直線的でも簡単なものでもありませんし、皆がこのブームに乗っているわけでもありません。例えば、イタリアではこの技術を全面的に禁止しようとしていますし、様々な世論調査では実際にラボで育てられた肉を食べるかどうかについての結果が割れています。

しかし、この技術を単にもうひとつの代替肉を作るために使っているわけではありません。

ステファニー・ミッシェルセンは、代替タンパク質セクターで働いていた時に細胞農業の潜在能力に気づきました。彼女がそれについてさらに考え始めると、見落とされている機会があるかもしれないことに気づいたのです。ゼラチンやコラーゲンのような動物性たんぱく質は、食品以外の用途にも使えるのです。

「私は動物不使用の未来への移行における障害について考え始めました。もしも動物たちが明日消えてしまったら、何が足りなくなるのでしょうか?どの問題に対して解決策がないのか?」とミッシェルセンは言います。「私にとって、それはこれらの動物だけにしか存在しない副産物でした。それがコラーゲンにたどり着いた理由です。」

彼女のスタートアップ、Jellatechは2020年に設立され、最近ではbyFounders VCをリードとする350万ドルのシードラウンドを含む、Milano Investment PartnersやJoyful VCなどの投資家から資金を調達しています。

Jellatechは、海産物や肉に焦点を当てる他の細胞農業企業と比べて、より大きな機会に注力しているため、注目されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments