金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【最先端テクノロジーで未来を創造!】Amazonが驚愕のAIコマンドラインターミナルを発表

【最先端テクノロジーで未来を創造!】Amazonが驚愕のAIコマンドラインターミナルを発表

Amazonは、コマンドラインターミナルを高速化しようとしているY Combinatorの卒業生であるFigを買収しました。CEO兼共同創業者のBrendan Falk氏は、昨日公開されたブログ記事で、AmazonがFigの技術を取得し、2人の共同創業者を含む従業員がAmazonのクラウド子会社AWSに参加することを発表しました。契約条件は非公開です。2020年にサンフランシスコで設立されたFigは、200万ドル以上の資金調達を行っており、Amazonはこの新興企業に膨大な費用をかけたとは考えられません。ただし、YC、General Catalyst、DatadogのCEOであるOlivier Pomel、Eventbriteの創業者であるKevin Hartz、元GitHubのCTOであるJason Warnerなどの名だたる支援者がいます。

Figは「自動補完」などのツールを提供しており、開発者がコマンドを入力する際に次の操作をカスタマイズ可能な提案と説明として表示します。これは時間の節約と繰り返しのキーストロークの回避に役立ちます。洗練されたグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が主流となった世界において、テキストベースのコマンドによるオペレーティングシステムとのコミュニケーションを好む開発者にとって、コマンドラインインターフェース(CLI)は人気があります。CLIはより柔軟で使いやすい(コマンドを知っている人にとって)だけでなく、システムリソースも少なくなります。

基本的な無料層を趣味や小規模チーム向けに提供しており、それに加えて大規模なビジネスや企業向けのプレミアム機能を備えた有料プランも用意しています。ただし、この買収により、Figは既存のユーザーに対してすべての有料機能を完全に無料化すると述べています。

AmazonがFigを買収する理由は何かというと、Falk氏によれば、両社の専門知識を組み合わせて「開発者エクスペリエンスを向上させる」ためです。具体的には、成長著しい生成AI革命がAmazonのFigへの関心と関係しているようです。

Figは開発者の手間を減らすための役立つ提案機能を提供しています。これはGitHubのCopilotに似ており、GoogleもCopilotの競合製品を立ち上げており、Facebookの親会社であるMetaも内部でCopilotに似たツールを開発しています。FigはまだCopilotの規模には達していませんが、AWSは生成AIに関するアンビションを明確に示しています。さらに、AWSは以前にもAIのペアプログラマであるCodeWhispererをリリースしており、Figの優れた技術を取得することでクラウド競争相手に追いつく手助けをすることが期待されます。

FigはGoogle、Microsoft、Amazon自体を含む多くの大手組織から数千人のユーザーを獲得していました。そのため、AmazonのエンジニアたちがFigを関係者に提案し、競合他社よりも先にアクションを起こした可能性があります。

今後、既存のユーザーはFigを使用し、サポートを受けることが引き続き可能ですが、AmazonがFigをAWSに統合するためのニーズに対応する間は新規のサインアップは受け付けません。これにより、他のクラウドプロバイダーで作業している開発者やエンジニアにどのような影響があるかは明確ではありません。

Falk氏はブログ記事で、「現時点では今後の計画については何も共有することはありませんが、ターミナル/シェルの開発者のために革新を続けるために努力を続けています。」と述べています。

TechCrunchは、この買収が何を意味するのかについてAmazonに質問し、回答があればこれを更新します。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments