月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【画期的な水素技術で未来を切り拓く!】エンジニアド・イオニクスがシリーズAで数億ドルを調達

【画期的な水素技術で未来を切り拓く!】エンジニアド・イオニクスがシリーズAで数億ドルを調達

>最近、水素について話すとき、ほとんどの人は必ず輸送に言及します。わかります。人々はタンクを満タンにすることに慣れていますから、車を充電することには慣れていません。しかし、実用的な観点から言えば、輸送は水素の素晴らしい利用方法ではありません。

「水素は保存や輸送に本当に困難なものです」と、Advanced Ionicsの創設者兼CEOのチャド・メイソン氏は述べました。

それゆえ、Advanced Ionicsは輸送とは何の関係もない水素会社です。このスタートアップは、世界の排出量の約三分の一を占める重工業に特化しています。

「水素はほとんどの産業プロセスにおける主要な原料です」とメイソン氏はTechCrunch+に語っています。「肥料の製造に使用されるアンモニアやプラスチックから合成ゴムや潤滑剤まで様々な石油化学プロセスには欠かせません。さらに鋼鉄やガラスの製造にも脱炭素化された水素源が利益をもたらす可能性があります。」

これらの市場に進出しようとする水素会社の中で、Advanced Ionicsは電解分解をより効率的な方法で行うことによって、不正な優位性を得ることを期待しています。

現在、世界の水素供給の大部分は、蒸気改質メタンによって得られています。基本的には、蒸気とメタンガスを混合させることで、水素と二酸化炭素を生成します。一方で、電解装置は電気を使って水を水素と酸素に分解します。再生可能エネルギーで動力を供給される場合、このプロセスは無炭素化される可能性があります。

ただし、完璧ではありません。

ほとんどの水素製造技術は比較的低温または高温で作業します。しかし、Advanced Ionicsの電解装置は、既存の多くの産業プロセスが行われている範囲とほぼ同じ温度で作業します。つまり、このスタートアップの機器の熱要件は、既に存在する施設で利用できるものと同じです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments