木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【規制遵守を一手に!】Cypago、1300万ドルの調達で急速成長中

【規制遵守を一手に!】Cypago、1300万ドルの調達で急速成長中

業務と顧客データの保護を目的としたサイバーセキュリティ規制が増えてきています。全米州の立法議会(National Conference of State Legislatures)によると、2022年だけで40以上のアメリカ州で250を超えるサイバーセキュリティに関連する法案が提出されました。そしてその数は今後さらに増えるでしょう。

この傾向は消費者にとって明確な利点ですが、一部の企業は新たな基準や認証に追い付くのに苦労しています。ある調査によると、非準拠の結果に懸念を抱く企業の63%が、今年中にコンプライアンスとリスクにさらに多くの費用をかける予定です。

このような中、Cypagoのようなスタートアップ企業が恩恵を受けています。Cypagoは、サイバーガバナンス、リスク、コンプライアンスに関連するプロセスとワークフローを自動化しようとするものです。Cypagoは、元EYの役員であるアリック・ソロモンと、イスラエル国防軍情報局の将校であったヤハブ・ペリによって設立され、Entrée Capital、Axon Ventures、およびJump Capitalがリードする出資で1300万ドル(負債200万ドル)を調達しました。

ソロモン氏は、EYでの経験からCypagoを立ち上げることに着想を得たと述べています。彼によれば、CISOやセキュリティチームは、セキュリティプログラムをビジネス要件と照らし合わせて手動で検証する際にしばしば問題を抱えており、それが完全なコンプライアンスに到達することを妨げていたとのことです。

「サイバーガバナンス、リスク、コンプライアンスの基準はますます厳格で複雑になることでしょう。企業が迅速に進化する基準に適合するためには、最新のAIとテクノロジーを展開する必要があります。私たちCypagoは、既存のテックスタックとのAPIベースの統合を可能にする、簡単な実装と迅速な導入が可能なソフトウェアサービスプラットフォームをセキュリティチームがこの領域で直面する課題を解決するために提供することを目指しています」とソロモン氏はTechCrunchにメールで語っています。

Cypagoは、クラウドベースの環境とオンプレミスの環境の両方とスムーズに連携するように設計され、AIを活用してセキュリティ、コンプライアンス、プライバシーの制御に関連するデータの収集と分析を自動化しようとします。Cypagoはさまざまなツールやサービスを通じて、ノーコードのワークフローを介して顧客が自社のセキュリティプログラムを基準や一般的なフレームワークに対して測定し、テストすることができます。

たとえば、Cypagoは企業のサービスドキュメントを解析してセキュリティポリシーの潜在的なギャップを特定したり、補完したりすることができます。また、Cypagoでは、「Co-Pilot」という自然言語の質問に対して企業のサイバーセキュリティやガバナンス、リスク、コンプライアンスの状態に関する回答を提供するAIアシスタントにアクセスすることも可能です。

「Cypagoは、サイバーガバナンス、リスク、コンプライアンスのドメインに特化した独自のモデルを活用して、文書やポリシーの複雑なテキストを分析し、理解し、生成することができます。これらの機能は、既存のクラウドおよびオンプレミスのツールスタックとの統合から得たデータと組み合わせることで、Cypagoが文書からシステムのデータまで、完全なサイバーセキュリティの可視化と施行を提供する、第一級のプラットフォームとなっています」とソロモン氏は述べています。

確かに、Cypagoは多くのことを約束しています。そして、2022年には472.2億ドルと推定されるガバナンス、リスク、コンプライアンス市場で単独に競争しているわけではありません。

Oracle、HPE、トムソン・ロイター、IBMなどの製品ラインに加えて、多くの新興のガバナンス、リスク、コンプライアンス管理ソフトウェアが注目を集めています。OsanoはGDPRなどのプライバシー法に基づいてリスクとコンプライアンスを監視、管理するのに役立つソリューションです。Kompliantは金融コンプライアンスに特化しています。また、Kintentは従来のエンタープライズコンプライアンスタスクを抽象化しようとしています。

Cypagoは他社と差別化されているのでしょうか?すべての主張を実現しているのでしょうか?おそらくですが、いずれにしても、ソロモン氏によれば、このスタートアップは比較的健全な採用を見ており、チェックポイント、ヒッポ・インシュアランス、トリゴなどを含む数十のブランドをカバーするお客様基盤を持っています。

この新たな資金調達により、テルアビブに拠点を置くCypagoは、北米とEUでのマーケット展開を支援するために、R&D部門と製品チームを拡大する予定です。ソロモン氏によれば、現在のイスラエルの政治的な不安定状況とそれが現地のテクノロジーセクターに与える影響を考慮しても、スタートアップのチームは年末までに26人から「30人以上」に拡大する予定だとのことです。

「パンデミックは企業のネットワークの境界の消滅を加速しました。同様に、リモートワークの持続的な動きやハイブリッドおよびマルチクラウドサービスへの依存の増加により、組織は異なるフレームワークと環境間でのガバナンス、リスク管理、コンプライアンスの達成と維持について、より多くの風雲が吹き荒れることに直面しています」とソロモン氏は付け加えています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments