月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【驚愕のニュース!】OMERS Venturesがヨーロッパでの大物撤退を発表

【驚愕のニュース!】OMERS Venturesがヨーロッパでの大物撤退を発表

数週間前、BloombergはOMERSベンチャーズについて報じ、オンタリオ市立従業員退職制度基金(OMERS)によって支援されているベンチャーキャピタル会社が、ロンドンオフィスを開設し、チームを雇用し、この地域への投資に3億3200万ドルを用意した後、わずか4年でヨーロッパから撤退すると報じました。

最初には、ヨーロッパのベンチャーマーケットの低調さが撤退の動機となった可能性がありますが、それは事実ではなかったようです。この問題に詳しい情報筋によれば、OMERSの撤退は単独のLP事業に関連する物流の問題が原因でした。

OMERSベンチャーズは、コメントの要請に直ちに応じなかった。

OMERSがヨーロッパを去ったのは、現在のヨーロッパの状況が原因ではないものの、もし撤退したのならばそれほど驚くことではありません。現在のヨーロッパのスタートアップエコシステムは、アメリカと比べて取引やEXITの活動が低調です。

PitchBookによると、2023年上半期にはヨーロッパでは1,332件の取引があり、2022年下半期から34.2%減少し、1年前の同期と比較して60.8%減少しました。アメリカは現在、世界最大のスタートアップ市場ですが、取引数と活動の差は大きく、一般的な景気減速を考慮しても顕著です。2023年上半期にアメリカでは6,514件の取引が成立しています。

ヨーロッパのスタートアップもEXITが難しい状況にあるようで、あるいは望んだ評価額での契約締結ができないようです。今年上半期では、スタートアップのEXITは合計で35億ユーロ(38億ドル)しか生み出していません。もし状況がすぐに改善しなければ、ヨーロッパ市場は過去10年間のいかなる年のEXIT量にも追いつくことができなくなるでしょう。

世界中の投資家たちも興味を示さなくなっています。PitchBookのデータによると、2023年上半期にはアメリカの投資家がヨーロッパの取引に参加したのは746件で、1年前の1,704件と比較して減少しています。アメリカの投資家がこの地域から撤退したことを考えると、OMERSが市場の状況のために撤退したのであれば、それは不自然なことではありませんでした。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments