日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【大胆な一手にベールを脱ぐ!】IBM、ウェザーカンパニー資産をFrancisco Partnersに売却

【大胆な一手にベールを脱ぐ!】IBM、ウェザーカンパニー資産をFrancisco Partnersに売却

IBMは、運営を合理化する一環として、気象事業の売却を検討しているとの噂の後、2015年に買収した気象予報と情報会社であるThe Weather Companyの買い手を見つけたと発表しました。

プライベート・エクイティ・ファームであるFrancisco Partnersは、The Weather Companyの資産をIBMから買収するための明確な合意書に署名したと、2社が本日発表しました。契約条件については明らかにされていませんが、規制当局の承認と通常の取引条件に準拠することを前提に、2024年第1四半期の終わりまでに完了する予定です。

買収の一環として、Francisco Partnersは、The Weather Companyの消費者向けアプリ(The Weather Channelモバイルアプリ、Weather.com、Weather Underground、Storm Radar)に加えて、放送、メディア、航空、広告テクノロジー、および「データソリューション」向けのエンタープライズオファリングを手に入れます。さらに、IBMによれば、The Weather Companyは予測科学サービスと技術プラットフォームもFrancisco Partnersに提供します。

一方、IBMは、The Weather Channelの持続可能性ソフトウェアビジネス(ESGレポート向けの「環境インテリジェンススイート」を含む)を買収後に維持し続ける予定です。そして、IBMはThe Weather Companyの気象データを「気候関連の使用例」(例:Watsonx、そのAIデータプラットフォームを提供する地理空間AIモデル)として利用し続けるでしょう。

「IBMのソフトウェアおよび最高営業責任者であるRob Thomasは、プレスリリースで次のように述べています。「IBMとThe Weather Companyチームが達成した成果に自信を持っており、Francisco Partnersの拡大投資、専念、専門知識の恩恵を受けることが最良の道だと考えています。過去数年間、IBMはハイブリッドクラウドとAIの会社に進化させました。ポートフォリオを定期的に見直し、事業領域がこの戦略の中核であることを確認しています。そして、今日のニュースはこの2つの変革的技術に持続的に焦点を当てたものです。」

IBMは、The Weather Companyを20億ドルで買収した際に、この動きを長期的なアナリティクス、ビッグデータ、およびインターネット・オブ・シングスの大きなプレイとして提示しました。事実、IBMは約8年間にわたって、The Weather Companyのプロパティ上に新しいアプリやサービスを数多く立ち上げてきました(例:地元の天気予報、COVID-19マップ、航空機およびスマートフォンからのデータを活用した高度な天気予報など)。

IBMの経営下で、1980年にThe Weather Channelとして設立されたThe Weather Companyは、消費者向けプロパティを通じて毎月平均415万人以上に、エンタープライズ製品を通じて2,000以上の事業にサービスを提供するまで成長しました。

しかし、ビジネス支出および価値管理プラットフォームであるApptioを46億ドルで買収したIBMは、財務状況を改善するために圧力を受けています。

最も最近の財務四半期では、IBMは約155億ドルの収益を上げ、前年比0.4%減少しました。同社のメインフレームビジネスだけで30%減少し、インフラビジネスも36億ドル、14.6%の減少になりました。

20年以上ぶりの最低株価に直面しているIBMはスタッフを削減し、3,900人を削減する計画を発表しています。主にWatson AI部門とKyndrylマネージドインフラビジネスに集中しています。また、IBMは最近、Watson HealthをFrancisco Partnersに売却しました。この取引額は10億ドルの範囲であると報じられています(The Weather Companyに対しても同様の価格が求められていたとの報告もあります)。

Francisco Partnersは、The Weather Companyに明るい未来を見ており、健康と幸福に焦点を当てた「新しいツールと体験」を提供するためにプラットフォームへの投資とリソースを増やす予定です。ビジネスの側面では、Francisco Partnersによれば、The Weather Companyは「より実用的な洞察」とともに、広告および加入メディア企業を対象とした「リアルタイムの体験」を提供するでしょう。

「米国全体のすべての産業で捉えられる気象データの総価値は、2012年の国立気象局の調査で約130億ドルの範囲内だとされています。一方、民間の気象予報市場は2022年の価値17.6億ドルから2030年には41.8億ドルに成長すると、Verified Market Researchの報告書によれば予想されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments