金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームバイオテック【セックステック業界が炎上!?】資金が流入し続けるセックステック産業の舞台裏に迫る

【セックステック業界が炎上!?】資金が流入し続けるセックステック産業の舞台裏に迫る

>テクノロジーの潜在能力は、大きな変革をもたらす可能性があるにもかかわらず、セックステック業界は実際にはあまり話題にされていません。世界の多くでは、セックスはまだタブー視されており、業界への資金提供も想像以上に活発ではありません。

もちろん、タブー視されることが妨げとなっている面もありますが、この資金不足の理由の一部は、多くの投資家には限定出資者の資金をどこに投資できるかを定めるバイス条項があり、そこにセックスが高い位置にあることがわかっています。

それでも、PitchBookによれば、この業界はわずかな資金を受け取っていますが、それは年々比較的安定しているようです。2020年には、セックステックのスタートアップは3億5200万ドルを調達し、2021年には他の多くのセクターと同様にこの領域への投資は4億2200万ドルに増加しました。昨年は2億7580万ドルに減少し、ベンチャーキャピタル投資の一般的な減速と一致しています。

しかし、状況は改善しているようです。今年、セックステックのスタートアップは1億1190万ドルを調達し、この傾向が続けば、少なくとも2022年と同等以上の額を調達する見込みです。

一部の投資家は恐れることはありません。まだこの領域に特化した基金は存在しませんが、一部の投資家は女性の健康を広い視野で捉えています。Coyote Venturesの共同設立者であるジェシカ・カー氏は、女性の健康とウェルネスの領域に投資しています。かつてはImpossible Burgerの開発とローンチに関わり、現在は他の女性主導の基金の限定出資者としても活動しています。

Coyoteを通じて、彼女はがん検出企業のGabbi、フィンテック企業のThe Beans、そして喪失ケア企業のBetterleaveに投資しています。急成長しているセックステック市場について興味を持っていたので、私はカー氏に取材し、それが女性の健康産業における役割やカテゴリーの潜在能力、そして将来の展望について話し合いました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments