金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ「議員のスマホからTikTok排除!」ニュージーランド政府の驚愕決断

「議員のスマホからTikTok排除!」ニュージーランド政府の驚愕決断

先日イギリスが公用機器からTikTokを禁止する決定を下した後、ニュージーランドも議会機器からこの短い動画アプリを禁止する流れに加わった。ByteDance所有のTikTokが、ユーザーデータを中国政府に手渡す点におけるセキュリティ上の懸念が高まっているためだ。

同国の当局は、サイバーセキュリティー上の理由を挙げ、3月末までに国会のネットワークにアクセスできるデバイスからこのアプリを禁止すると発表した。ただし、「民主的な任務を遂行するため」にこのアプリを必要とする人々に対しては例外があるという。どのような任務を指すのかは明言されていない。

議会サービス最高執行責任者のラファエル・ゴンザレス・モンテロ氏は、ロイター通信に対して、サイバーセキュリティの専門家や各国の当局と協議した上でこの決定を下したと語った。

「この情報に基づいて、当サービスは、現在のニュージーランド議会環境下でのリスクが受け入れられないと判断しました」と彼は述べた。

「私たちのサイバーセキュリティの専門家からの助言に基づき、議会サービスは、議会ネットワークにアクセスできる全てのデバイスからTikTokアプリを取り除くことを、メンバーやスタッフに通知することとしました。」

これに対し、TikTokは、同社はこの禁止について相談も通知も受けていないと発言した。

同社の広報担当者は、TechCrunchに対し、「議会が管理するデバイスからTikTokアプリをブロックする決定に対して失望しています。TikTokにおけるデータセキュリティは最も重要な問題であり、TikTokがニュージーランド人にとって安全上のリスクを引き起こす証拠はありません。我々は、決定は誤解に基づきではなく、事実に基づいて行われることが重要であると信じています。」

TikTokは、ニュージーランドの議会サービスに説明を求め、問題があれば議論する準備ができているとも発言した。

ニュージーランドは、公式デバイスからTikTokを禁止した国々の中に加わった。昨年12月、米国下院は、スタッフや立法者の全てのデバイスからこのアプリを禁止した。カナダやベルギーなどの他の国々も同様の措置を取っている。また、先月、欧州連合はスタッフに対しTikTokを仕事用デバイスから削除するよう指示した。

特筆すべきは、TikTokの懸念が高まることではあるが、同社の中国に拠点を置くオーナーが直面しているより深刻な問題は、迫り来る米国による禁輸ではないか。バイデン政権は、ByteDanceがTikTokとの関係を断絶し、このアプリを売却しなければ禁止するとの噂がある。

TikTokはこれまでに何度も、中国がユーザーデータにアクセスすることができないとして、米国などの政府を説得しようとしてきている。同社はOracleによる監査を受けた上で、プレスや規制当局に新設のトランスペアレンシーセンターをみてもらい、同社のモデレーションポリシーを覗くことができるような取り組みを行っている。同社が、政府当局をなだめるために15億ドル近くのキャンペーン費用をかけている。

「国家安全保障を守ることが目的であれば、株式売却が問題を解決するわけではありません。所有権の変更は、データの流れやアクセスに新しい制限を課すわけではありません」と、TikTokの広報担当者であるMaureen Shanahan氏は、先週TechCrunchに対し、こう述べている。「国内のユーザーデータとシステムを、透明性があり、米国ベースで保護し、堅牢な第三者監視、検証、承認とともに、保護することが、国家安全保障に関する懸念に対処するための最良の方法であり、我々は既にこれらの取り組みを実施しています。」

元記事は

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments