金曜日, 2月 23, 2024
ホーム環境【JPモルガンがクライメートファイナンスで方向転換か!?】時代の変革に向け、注目すべき動きとは

【JPモルガンがクライメートファイナンスで方向転換か!?】時代の変革に向け、注目すべき動きとは

>まず言っておきますが、JPMorgan Chaseは気候セクターでの評判は最高ではありません。2016年にパリ協定が締結されて以来、最新のBanking on Climate Chaos reportによると、同行は4300億ドル以上の化石燃料プロジェクトを融資しており、他の銀行を大きく上回っています。

しかし、この銀行が軌道修正をしているとの証拠もあります。2021年、JPMorganは「気候変動に取り組み、持続可能な発展に寄与する長期的なソリューションを推進するために」今後10年間で2.5兆ドルを貸し出し・引受けると発表しました。そのうち、1兆ドルを気候関連投資に特化させる予定です。

JPMorganの持続可能性への注力は、明らかに気候変動や人々への悪影響に対する政治的および消費者の感情の変化への反応です。過去数年間、アメリカでは人々が避けられない異常な猛暑や町や森林を襲った火災、さらには一部地域で猛威を振るう極端な洪水や豪雪などが発生しています。

当初、環境・社会・ガバナンス(ESG)投資は多くの投資会社にとって補完的な行動に感じられましたが、それはもはやそうではありません。

2022年、同行はOsei Van Horne氏とTanya Barnes氏を雇い、今年初めにはAlex Bell氏も迎え入れました。このチームは同行の野心的な計画を実施するために活動しており、成長段階の投資に重点を置いています。

同行はこれまでに2つの投資を行っています。MineSense Technologiesに対しては4200万ドルのシリーズEラウンドをリードし、重要な鉱物に焦点を当てています。また、消費者や事業向けの再生可能エネルギープラットフォームであるArcadiaには2億ドルのシリーズEラウンドが行われました。

JPMorganの支持は、この世代で最も緊急かつ有望な投資機会の一つであることを示しています。今年は気候関連企業が83億ドルを調達しています。2021年には178.5億ドルが調達され、2022年もほんのわずかな減少にとどまっています。これらの金額は、2019年にこのセクターが受け取った金額(わずか32億ドル)よりも大幅に高いです。

JPMorganのマネージングパートナーであるVan Horne氏はTechCrunch+に対して「これは非常に大きな魅力的な資本投下先です。スタートアップの創業者にとっても大いなるチャンスです」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments