金曜日, 2月 23, 2024
ホーム環境【GM×Mitra Chem】進化するEVバッテリーで新たな価格革命!

【GM×Mitra Chem】進化するEVバッテリーで新たな価格革命!

General Motors(GM)は、電気自動車(EV)向けのより手頃で入手可能なバッテリーを開発することを約束する電池材料のスタートアップ企業であるMitra Chemに対し、6000万ドルのシリーズBラウンドを主導しています。

電池革新は、電気自動車のコストを下げ、普及を促進しようとする自動車メーカーにとって重要です。

GMの最新の投資は、米国に焦点を当てたバッテリー供給チェーンの構築への取り組みと一致しています。GMはすでに、2026年までに年間165ギガワット時の合計容量を持つ4つのバッテリー工場に135億ドルを投資することを約束しています。GMはまた、スタートアップのSolidEnergy Systemsと協力して、高容量の先行量産型リチウムイオンバッテリーの開発、および韓国のPosco Chemicalとの協力でカナダに4億ドルのバッテリー材料施設を建設する予定です。

GMとMitra Chemの戦略的投資の一環として、両社はリチウムマンガンリン酸鉄などの先進的な鉄系陽極材料を開発し、GMのEVアーキテクチャ”Ultium”と互換性のあるバッテリーを搭載します。

“Ultium”はGMの新しい電動車プラットフォームであり、新しいバッテリーデザインを含み、自動車メーカーのEV計画の基盤となり、将来の車種をサポートします。

現在のほとんどの陽極は、ニッケルとコバルトで作られており、供給が限られています。鉄系陽極は、より効率的な充電を提供し、より大容量を持ち、より持続可能な材料によってバッテリーの寿命を延ばす可能性があります。

Mitra ChemはAIを使用して、毎月数千の陽極デザインをシミュレート、合成、テストし、新しいバッテリーセルの配合に対して市場投入までの時間を90%短縮できると述べています。このスタートアップは、カリフォルニア州マウンテンビューにあるR&D施設を拡張するために、シリーズB資金を利用します。

Mitra Chemは、シミュレーションと物理学に基づいた機械学習モデルを使用した「アトムからトンまでの加速プラットフォーム」で実験室を運営しており、バッテリーセル配合の発見や陽極の合成、セルの寿命の評価など、あらゆる過程のスケールアップを加速します。

ミトラケムのチームが作業を進める中で、そのデータは自動的に収集されます。材料の作成、性質の研究、セルのテスト、結果の分析などがスムーズに行われ、AIモデルはこれらのデータから学習することができます。

「GMのMitra Chemへの投資は、GMの車両に使用する手頃なバッテリーケミストリーを開発するだけでなく、EV、グリッド規模の電化エネルギーストレージなどを駆動することができる、米国製の鉄系陽極材料の開発、展開、商品化を推進するための燃料となるでしょう」と、Mitra ChemのCEO兼共同創設者であるVivas Kumar氏は声明で述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments