木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【新たな選択肢!】Setappが欧州ユーザー向けにオルタナティブAppストアの立ち上げを発表

【新たな選択肢!】Setappが欧州ユーザー向けにオルタナティブAppストアの立ち上げを発表

>アプリの定期購読サービスであるSetappは、来年に新しいEUの規制が発効すると同時に、代替アプリストアとしての展開を準備しています。同社はEUのデジタル市場法(DMA)の規則を活かし、ユーザーがAppleのApp Storeを経由せずにiOSでサードパーティのアプリをインストールできることを期待しています。

ただし、Appleが新法をどのように解釈するかはまだ不明です。

Bloombergの2022年12月の報告書によると、AppleはDMAに準拠するためにiPhoneやiPadで代替アプリストアを許可する準備をしているとされていますが、「サイドローディング」アプリに関連するセキュリティ上の問題に対する懸念は依然として続いています。しかし、報告書は、この新しいシステムがどのように機能するかについて、Appleが他のアイデアについて検討中であることも指摘しています。たとえば、これらのアプリをAppleが有料で検証することを要求するかもしれません。

一方で、Setappは、Appleデバイスが最終的にはサードパーティのアプリストアをサポートする必要があるとの前提で進めており、独自のアプリストアの立ち上げに取り組んでいます。

現在、Setappは、ユーザーがMac用のユーティリティ、生産性ソフトウェア、カスタマイズツール、ライフスタイルアプリなど、240以上のアプリにアクセスするために、1か月$9.99の料金を支払うアプリの定期購読サービスを提供しています。その他のプランには、iOSデバイス向けのアプリも含まれています(月額$12.49)、さらには複数のデバイスを持つパワーユーザー向けのプラン(月額$14.99)や、家族向けのプランやチーム向けのSetappも提供しています。

新しい独立したアプリストアでは、SetappはUlysses、Taskheat、NotePlan、PDFSearch、Soulverなど、30以上のパートナーが対応したアプリを提供する予定です(プレスリリース参照)。さらに、他の開発者も自分のアプリを提出するよう呼びかけています。

Setappは、Appleが提供する収益分配よりも優れた条件を開発者に提供しようとしています。同社は、顧客がアプリを使用した月に、開発者との間で70/30の収益分配を行います。さらに、新たな顧客を獲得した開発者とはさらに20%を分け合います。つまり、開発者はSetappのユーザー料金から最大で90%を得る可能性があります。

「iOSアプリをサードパーティのアプリストアを通じて配信したいと考えている開発者の60%に対して、私たちはiOS専用の開発者をサポートし、ユーザーを増やし、収益の流れを追加できるプラットフォームを提供することを心待ちにしています」と、Setappの創設者兼CEOであるOleksandr Kosovanは声明で語っています。

同社は、新しいストアの立ち上げ時の情報を知りたい顧客に対してウェイトリストを提供しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments