火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【Instagramの革命!】スレッズがDMと統合、ユーザーの定着率向上を目指す

【Instagramの革命!】スレッズがDMと統合、ユーザーの定着率向上を目指す

ユーザーの維持数が減少しているものの、InstagramのTwitter(あれ、Xの)ライバルであるThreadsは、新機能を追加し続けています。同社は本日、新しいアプリにいくつかのアップデートを発表しました。その中には、InstagramユーザーをThreadsアプリに戻す可能性のある機能「Instagramで送信」が含まれています。

この新機能「Instagramで送信」では、Threadsのユーザーは、アプリの「送信」ボタンを使用してスレッドをInstagramのダイレクトメッセージ(DM)に共有することができます。そのようにすることで、受信者は利用が減少していた場合、Threadsを再び開くことや、サインアップすることが促されるかもしれません。

この追加機能は、MetaがThreads向けの維持の「フック」を構築する大きな戦略の一環です。Threadsはローンチ後の数週間で1億人以上のユーザーの半数以上が離れたという状況が報告されています

Reutersによると、この計画は最近の内部会社のタウンホールでの話題となり、CEOのマーク・ザッカーバーグは維持数の減少を「正常」とし、Metaが状況を転換する方法について話しました。ミーティング中、製品責任者のクリス・コックスは、アプリに戻ってもらうための「維持を促進するフック」をさらに追加する予定だと述べました。コックスは、「Instagramアプリを使用して重要なThreadsを閲覧できるようにする」と述べました。

ThreadsをInstagramのDMに接続するのは、これらの広い目標の一部として合理的です。

さらに、Threadsは他のいくつかの機能も追加しました。スレッド内で誰かのプロフィールを簡単にメンションするための新しいボタンや、投稿する前に画像や動画の現在の自動生成された代替テキストを編集したりカスタムの代替テキストを追加したりすることができる機能も含まれています。後者は、ポストに添付されたメディアの内容を画面読み上げソフトを使用して理解するためのアクセシビリティ機能です。この機能は、ThreadsのライバルであるMastodonにとっても重要な焦点となっており、ユーザーに投稿する際に代替テキストの追加を促しています。

これらのアップデートは、Threadsにとって最も大きな更新ではありません。最近では、フォロー中のリストをさまざまな方法でソートできるようにする(デフォルト、最新順、および最古順)ことや、「いいね」した投稿を閲覧できるようにするなどの変更も行われました。しかし、デフォルトのアルゴリズムタイムラインに加えて、直近の追加は、逆時系列のフォロー中のフィードを提供する先月のものでした

さらに、ActivityPubとの統合など、さらなる大規模な変更が予定されており、Threadsはより広範な分散型ソーシャルアプリの一部となります。

Threadsの続行力は、初動時に100万人のユーザー数を達成し、最も速く1億人のユーザーに到達したアプリとしての記録を樹立した後、多くの議論の対象となっています。

しかしながら、メディアにおけるThreadsが既に失敗したという支配的な見方は、過剰にドラマチックで業界の平均とは異なります。ほとんどのアプリは、ローンチ後の数週間で50%の維持数を持つこともラッキーです。実際、ほとんどのアプリは初日にさえ高い維持数を持っていません!1回だけアプリを開くだけのユーザーは21%しかいません(Localyticsのデータによる)。一方で、Statistaの調査によれば、インストール日における31のアプリカテゴリ全体の平均維持率は25.3%です。30日目には、この割合は平均でわずか5.7%にまで低下します。

Threadsは比較的に現在は順調に進んでおり、完全な機能を備えたウェブアプリはまだありません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments