木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【4年ぶりの大型アップデート!】GoodNotesがAIパワーの手書き機能とデジタルマーケットプレースで大改革!

【4年ぶりの大型アップデート!】GoodNotesがAIパワーの手書き機能とデジタルマーケットプレースで大改革!

>GoodNotesは、ノートアプリの最大のプッシュとして、AIパワードの手書き認識、デジタル文房具のマーケットプレイス、そして数学の教育モジュールなどの機能を備えた新バージョンをリリースします。

2011年にSteven Chanによって立ち上げられたこのアプリは、新バージョンであるGoodNotes 6では、Apple Pencilのサポートを向上させるために膨大な努力を注いでいると述べています。GoodNotes 5では既に便利な手書き認識機能がありましたが、新バージョンではスペルチェックもサポートしています。つまり、書きながらミスをした場合、アプリが修正を提案し、その言葉を自分の手書きで書き直すことさえできます。

アプリメーカーは、iPhoneやiPad、Macなどのデバイスで利用可能なニューラルエンジンを活用するために、Appleと緊密に協力してきたと述べています。現在、手書きスペルチェック機能は英語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語に対応しています。

GoodNotesはまた、英語の手書きに対する実験的な単語の自動補完機能も導入しています。ユーザーが最低3文字以上を書くと、アプリは候補として単語の補完を提案します。TechCrunchとのインタビューでChanは、将来的には完全な単語予測を提供することを目指していると述べています。

最新バージョンでは、「消去するためのペン跡」や「図形選択のための円」など、ジェスチャーベースのアクションも導入されました。さらに、GoodNotes 6では新しいライブラリビューも導入され、ユーザーはフォルダをカスタマイズしたり、動的なノートブックテンプレートを利用したり、より良い音声録音のサポートを受けることができます。

アプリは無料で利用できますが、制約があります。ユーザーは3冊のノートブックと一部の機能にしかアクセスできません。完全なアクセスを得るには、年間サブスクリプションを9.99ドルで選択するか、一度限りの支払いで29.99ドルを支払う必要があります。

GoodNotesはiPadアプリとして知られてきましたが(2022年にiPadアプリ・オブ・ザ・イヤーのApple賞を受賞しました)、会社は全体でタイピング体験を向上させることに取り組んでいます。また、アプリはAIを活用した書き込み機能も導入し、ユーザーがテキストを拡張したり、簡略化したり、トーンを変更したり、内容を言い換えたりすることができるようになります。

アプリの創設者は、GoodNotesが多くの学生に利用されていることを考慮して、全年齢向けに安全なAIモデルを使用していると述べています。会社は具体的なAIタイピング機能を提供しているモデルについては明言していませんが、GoodNotesはOpenAIの技術は使用していないことを確認しています。

木曜日のローンチは、GoodNotesが購読以外の収益ストリームを多様化しようとする試みを示しています。このため、ステッカーや特定の科目の復習ノート、プランナーやさまざまな紙やカードのテンプレートなど、デジタル文房具のための新しいマーケットプレイスも展開しています。GoodNotes 6では、これらのアイテムの一部が無料で購読者に提供されますが、他のアイテムはアプリ内で購入することが可能です。

現在、同社は複数のクリエイターと提携しており(さらなる提携者との拡大を模索しています)、ローンチのためのデジタル文房具の第一次コレクションをキュレーションしています。会社はTechCrunchに対して、クリエイターに費用を請求するとともに、具体的な契約内容は異なると説明しています。契約内容は、ロイヤルティ料金の請求から在庫の完全な購入までさまざまです。現時点では、GoodNotesはアプリ内トランザクションのためのApp Storeのような手数料制度を採用することは考えていません。

GoodNotesは教育部門を取り込むために、学生向けにカリキュラムに合わせたモジュールを展開しています。これにはSAT数学の練習コース、香港中等教育会考試(HKDSE)向けの英語と中国語のコースなどが含まれます。会社は、手書きの数学の方程式を認識し、学生が課題を解決する際にガイドを提供するAI駆動の数学アシスタントを開発し、回答を直接明示することなく助けを提供します。

確かに、Khan AcademyやByju’sなど、教育市場の他のプレイヤーも学生をサポートするためにAIモデルを試験しています。

GoodNotesは、2020年にRace Captialから600万ドルのシードラウンドを調達したことがありますが、現在は即時の資金調達計画はありません。GoodNotesの主な焦点は教育機能の改善にあるとChanは述べています。ただし、同社はドキュメント管理のニーズを満たすために製品をより魅力的にするための機能の開発も検討しており、これによりNotionなどの企業と競合することになります。

Chanは、現在GoodNotesには200人以上の従業員が在籍しており、月間利用者数は2100万人以上です。

GoodNotesはしばらくの間iOS、iPadOS、およびmacOSプラットフォームで定着してきましたが、会社は現在AndroidとWindowsのバージョンも検討しています。Chanは、最終的にGoodNotesが複数のプラットフォームでシームレスな体験を提供することを望んでいると述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments