木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【音楽業界が大きな変革!】XSが音楽業界を引っ張る動きを見せる

【音楽業界が大きな変革!】XSが音楽業界を引っ張る動きを見せる

X社は、最近のソーシャルネットワーク上の音楽アカウントである@musicの取得を通じて、音楽業界への進出計画を示唆し始めているようです。

このアカウントはもともと、ソフトウェア開発者であるジェレミー・ボート氏によって運営されていましたが、@musicのフォロワーは50万人にまで増えました。先週、ボート氏はX社が彼のアカウントを自身のものに乗っ取ったことに憤慨し、X社に対して怒りのツイートをしました。

X社はボート氏に変更の通知を送り、@Musicとの関連付けられたユーザーハンドルがX Corpと提携することを説明しています。ボート氏のデータ、フォロワーリスト、フォローリストはボート氏の選択した新しいアカウントに移行されることを提案しました。その時点で、データは既に@musicfanに移動されていましたが、X社は@musicmusic、@music123、@musicloverなどの別のユーザーハンドルを提案しました。

X社がユーザーアカウントを乗っ取るのは、エロン・マスクがTwitterをXに改名して以来、初めてのことではありません。しかし、今回は明らかに「X」のブランドとは関係のなさそうなユーザーアカウントを乗っ取ったことです。

それ以前に、X社はXハンドルを運営していた写真撮影・ビデオ制作スタジオOrange PhotographyのGene X Hwangから所有権を取りました。X社はこれを自社の所有物であると主張し、Hwang氏にX社の感謝の意を示すために、Xのグッズの選択やX社の本社を訪問する機会を提供しました。また、彼のデータも新しいユーザーハンドルに移行しました。

X社は他にも、TweetDeckをXProに、Spacesを@XSpacesに、Businessを@XBusinessに、さまざまな地域アカウントなどを改名しました。X社のCEOであるLinda Yaccarinoもリブランディング後に@lindayaXに変更しました。

しかし、Twitterが@musicを乗っ取ったことは、同社がアーティストやミュージシャンにとっての拠点になりたいという考えをより真剣に考えていることを暗示しています。これはソーシャルネットワークにとっては新しいアイデアではありませんが、Twitterがそれを試みた際には失敗したアイデアです。

以前、Twitterは#Musicアプリのデビューとともに、独立した音楽サービスを開始しました。このアプリは2013年にローンチされ、We Are HuntedというスタートアップがTwitterに買収された直後に開発されたものです。#Musicでは、SpotifyやiTunesなどのパートナーからのユーザーの音楽データを取得し、それをフォローグラフのTwitterデータと結合しておすすめを提供していました。

当時、社交的な音楽の発見とおすすめにおいては、このアプリは比較的うまく機能していましたが、Twitterは翌年にこのアプリを終了しました。

今では、#Musicアプリに関連した@twittermusicハンドルのデータが@musicに移され、X社の新しく取得したアカウントは1150万人のフォロワーを持っています。

@musicのタイムラインには、ミュージシャンや彼らの作品へのツイートやリツイートが含まれています。X社が@musicに何を計画しているのかはまだ明確ではありませんが、アカウントの取り戻しの必要性は、同社が創造者が知名度を上げ、作品に対して報酬を得る場所としての野心を新たにしたことと関連しているでしょう。例えば、先月末にX社は世界中のクリエーターとの収益共有プログラムを開始しました。

同社はまた、データが移行された後のアップロード時間の長い動画の提供や、Appleが公開したテレビ番組「Silo」のエピソード全体をプラットフォーム上で配信するなど、さまざまな機能も追加しています。さらに、X社の競合他社であるInstagramのThreadsは、ミ

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments