木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【会議嫌いに朗報!】Zoomが非同期ビデオツールを発売

【会議嫌いに朗報!】Zoomが非同期ビデオツールを発売

Zoomは、製品の多様化を図るため、今日、オンラインミーティングに参加せずにビデオクリップを記録、編集、共有できる新しい非同期ビデオツールZoom Clipsを公開しました。

Zoom Clipsは、パブリックベータ版で利用可能で、ユーザーは専用のコンテンツライブラリを利用してクリップを管理、共有、名前を付け、検索、ダウンロード、削除することができます。デスクトップのZoomアプリ、Zoomのウェブポータル、またはMacメニューバーやWindowsシステムトレイから利用でき、クリップは画面およびウェブカムの映像、任意のバーチャルバックグラウンドを含めることができます。また、ユーザーのデスクトップの一部のみをキャプチャすることも可能です。

クリップを記録した後は、ユーザーはタイトル、説明、タグを追加することができます。不要な部分をトリムしたり、Zoomのウェブポータルからメールで録画を共有したりすることもできます。同じポータルから、クリップの閲覧権限(リンクを持つ人だけか組織内の人だけかなど)を制御したり、完了率や閲覧数などのコメントやメトリクスを確認することもできます。

私の同僚ポール・ソーワーズが指摘しているように、Zoomは既に非同期ビデオツールをZoom Team Chat製品で提供していました。ただし、Clipsはより堅実なソリューションであり、WeetLoomBubblesなどのプラットフォームに対する直接の対応です(なお、Team ChatのビデオメッセージはTeam Chatのチャンネル内の人々にしか共有できません)。

クラウドチャットやクラウドビデオメッセージなど、非同期ビデオツールは、大勢の人々が自分自身や画面を簡単に録画し、同僚や顧客に高品質の短縮ビデオを送るための便利な手段として多くの人々に利用されています。これにより、ライブミーティングに参加する必要なしに、重要な情報をチームメイトと共有したり、コラボレーションに個人的なアプローチを加えたり、詳細なプロジェクトのアップデートを共有したりすることができます。

非同期ビデオの需要は、パンデミック後のビデオ会議の疲労感が押し寄せる中で増加しています。2022年の調査によると、米国の労働者の80%が頻繁なビデオ会議への参加に疲れていると報告し、そのうち75%が単純に参加したくないためにミーティングを辞退したと述べています。

競争が激化し成長が鈍化している状況において、Zoomはポジショニングを再構築するために、昨年以降、製品の範囲を大幅に拡大し、戦略的パートナーシップを結んできました。同時に、コスト削減にも取り組んでおり、今年初めにはスタッフの15%を解雇すると発表しました。

今年5月には、ZoomはAIスタートアップのAnthropicと協力し、後者のClaudeチャットボットをZoomのさまざまなアプリやサービスに導入すると発表しました。そして、SlackやCalendlyと競合するためにワークプレースコラボレーション機能を追加した後に、メールやカレンダーのツールを含む追加の機能を追加しました。Zoomは、ユーザーサービスソフトウェアのスタートアップであるSolvvyの買収後、アイルランド拠点の従業員コミュニケーションプラットフォームWorkvivoを買収しました。

Zoomはまた、生成型 AIを含むAI技術への注力を重ねていますが、常に考慮が必要です。Zoomのセールスアシスタントツールで使用されている感情分析アルゴリズムが根本的に誤っているとする批判もあります。一方で、Zoomの生成型AI機能を訓練するために顧客データの収集に対して問題を提起する人々もいます。

ただし、これらの投資は成果を上げているようです。Zoomは最新の決算報告書で、予想を上回り、2021年の第1四半期の純利益が1,540万ドル、売上高が11.1億ドルで、前年同期の10.7億ドルから増加したことを発表しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments