木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【ソフトバンクが興奮の訴訟!】IRLによる派手な詐欺で15億ドルを飲み込まれた?

【ソフトバンクが興奮の訴訟!】IRLによる派手な詐欺で15億ドルを飲み込まれた?

>ソフトバンクはかつて、ソーシャルアプリのIRLに11億ドルの評価で投資しました。しかし、この日本の投資会社は、この倒産した会社に150億ドルの損害賠償を求め、詐欺で訴えています。

IRLは、Facebookを利用しなくなっているジェン・ジェット・アフターのイベント主催の代替となることを目指していました。IRLは、自己報告によると、ソフトバンクが主導する1億7000万ドルのCラウンドを2021年に誘致するだけの魅力的な数字を示していました。しかし、今年の夏にIRLの取締役会による内部調査で、アプリの95%が偽物であることが判明しました。

ソフトバンクは、自社の訴訟で、IRLの印象的なユーザー数に感銘を受けて投資したと説明しています。IRLは、アメリカの28歳以下のティーンエイジャーの25%がダウンロードしており、年間400%の成長率であると主張していました。しかし、IRLの取締役会の調査によれば、これらの数字はどれも正確ではありませんでした。

投資家は常にデューデリジェンスを行うわけではありませんが、ソフトバンクは、IRLの偽のユーザー数を検証することは不可能であり、IRLが詐欺の証拠を発見することができないようにIRLのビジネスを構築していたと主張しています。ソフトバンクは、9桁の金額を日本円で支払う前にデューデリジェンスを実施しようとした詳細を説明しています。

ソフトバンクの主張によれば、IRLは数万ドルをプロキシサービスに費やして、ボットでIRLのユーザーデータを偽って増やしていました。ソフトバンクはまた、IRLがこのスキームを隠すために月額数十万ドルをIRLの成長責任者が運営する秘密の企業に支払っていたと非難しています。

ソフトバンクの訴えに「IRLは収益のある事業収益の供給源としての価値を持たず、外部投資家であるソフトバンクにとっては、IRLのアクティブユーザーメトリクスが将来の潜在的な収益の源泉となる」とあります。ソフトバンクは、IRLの幹部からの陳述の正確性に依存していました。

IRLのCEOアブラハム・シャフィは、テククランチからのコメント依頼に応答していません。ソフトバンクが主張するところでは、シャフィと彼の兄弟姉妹の5人はこの隠蔽行為の一部であるとされています。これらの家族の各々は、これらの投資に関連してソフトバンクにIRLの普通株式を売却しました。

ソフトバンクがIRLの総ユーザー数とダウンロード数に関する第三者の報告書にアクセスしたところ、2021年春までにIRLはわずか900万回しかダウンロードされていませんでした。一方、シャフィはアプリの月間アクティブユーザーが1200万人であり、IRLで毎日200万件のイベントが計画されていると主張していました。シャフィは、この食い違いの理由として、ウェブセッションや未成年者のデータが共有できないことを挙げました。

「実際には、このプラットフォームは活発な人間のユーザーを詐称するボットで満たされた仮想のゴーストタウンでした」とソフトバンクは書いています。

この訴訟に加えて、IRLは証券法違反の疑いにより、証券取引委員会(SEC)の調査を受けています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments