木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【Spotifyが新製品投入!】ソフトウェア開発チームを支えるA/Bテストツールが登場!

【Spotifyが新製品投入!】ソフトウェア開発チームを支えるA/Bテストツールが登場!

Spotifyは、自社内で開発された実験プラットフォームに基づく新しい商用製品「Confidence」を導入します。Confidenceは、チームが独自のユーザーテストを簡単に設定、実行、調整、分析できるように設計されており、アイデアを迅速に最適化することができます。Confidenceは現在、プライベートベータ版として利用可能です。

「Spotifyのデータサイエンティストとエンジニアは、数年にわたって製品テストの方法を開発・磨いてきました」と同社はブログ記事で述べています。「自動的に同時のA/Bテストを調整したり、モバイル、デスクトップ、Web上でAI推薦システムの展開を組織したりするのはもちろん、当社が構築したプラットフォームは、実験のベストプラクティスと能力をすべてのチームに拡大します。まもなく、この実験プラットフォームは、Spotifyと同様に迅速かつ信頼性の高いアイデアの構築、テスト、繰り返しを行いたい企業ならどんな企業でも利用できるようになります」と述べています。

Spotifyによれば、Confidenceは、現在のテストプラットフォームを超えたチームやA/Bテストを始めるための迅速で簡単な方法を探しているチームのソフトウェア開発チームをサポートするために設計されています。

この音楽ストリーミングサービスによると、実験の取り組みは2010年代初頭に、数人のデータサイエンティストとエンジニアが社内で小規模なA/Bテストを行い始めたことから始まりました。これらのテストは手動であり、エラーが発生しやすかったものの、Spotifyは実験の重要性を理解し、より良くすることを望んでいました。その後、会社は独自の基本的なA/Bテストプラットフォームを構築し、それを「ABBA」と呼びました。

このプラットフォームには、フラグ設定と一連の標準化されたメトリックの分析機能が備わっていました。Spotifyによれば、これにより、会社全体での実験が急速に広がり、複数のチームで年間数十以上の優先実験を実施するようになりました。

Confidenceは3つの方法で顧客に提供されます。まず、マネージドサービスとして実行できます。これは、Spotifyが管理するスタンドアロンのWebサービスとして実験プラットフォームにアクセスできることを意味します。次に、Backstageプラグインとして実行できます。最後に、APIを介して独自のインフラストラクチャにConfidenceプラットフォームを統合することができます。

ソフトウェア開発チームは、現在ウェイトリストに登録して、Confidenceへの招待を受ける資格を得ることができます。Spotifyは、Confidenceを広く提供する予定がいつなのかについては明言していません。

Confidenceは、Spotifyの開発者を収益化するための2番目の商用製品です。昨年12月に、SpotifyはオープンソースのBackstageプロジェクトを通じて開発者を収益化する計画を発表しました。Spotify Backstageは、企業のインフラを整理するためのプラットフォームであり、「開発者ポータル」をカスタマイズして、ツール、アプリ、データ、サービス、API、ドキュメントをすべて1つのインタフェースに統合することができます。

今日の発表により、Spotifyは消費者向けの音楽ストリーミングサービスで主に知られているものの、その枠を超えて新たな展開を見せていることが示されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments