金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【ユーザー激怒!】Twitterのブランド改革にアプリストアユーザーが1つ星レビューで評価を下げる!

【ユーザー激怒!】Twitterのブランド改革にアプリストアユーザーが1つ星レビューで評価を下げる!

TwitterのXへのリブランドに対して、多くの人々が複雑な気持ちを抱いている。このリブランドは、オーナーであるイーロン・マスクの「オールインワンアプリ」のビジョンに向けたものだ。しかし、米国のApp Storeでは、名前の変更に対するユーザーの不満が爆発し、1つ星のネガティブなレビューが急増していることが、新たな分析で明らかになった。

市場調査会社Sensor Towerのデータによると、米国のiOSのXアプリのレビューのうち、2022年7月24日以降のほぼ78%が1つ星の評価だった。一方、その前の2週間では50%だった。(50%でも十分な数ではなく、マスクの所有権下でTwitterが行った他のユーザーの不満を示している。)

Sensor Towerによると、新たな1つ星のレビューは直接リブランドへの反応であり、ユーザーは新しいロゴや名前に不満を述べていると記している。

「バードを戻してください」と一人のユーザーが書いている。

「バードを返してくれ!!!」と別のユーザーが叫んでいる。

3人目のレビュアーは「Xって何?」と尋ねている。

4人目のレビュアーは「良いアプリが悪くなった」と付け加えている。

また、ある不満のレビューでは「醜い」と記され、別のレビューでは新しいアプリを「ごみの山火事」と呼んでいる。

ただし、Twitterとして知られていた会社にとって、リブランドは全て悪いニュースではなかった。

実際に、Sensor Towerのデータによると、リブランド後のXの世界中のインストール数は前週比で20%増加した。また、週ごとのユーザー数の成長も関連して3-4%増加した。

この月初め、XのCEOであるリンダ・ヤッカリーノは、「利用状況は過去最高」と主張しており、7月28日にはXのオーナーであるイーロン・マスクが「月間ユーザーが今年の最高に達した」と投稿している。ただし、どの日時に利用がピークを迎えたのかは明らかにされていない。

成長にもかかわらず、Sensor Towerの分析は数々の問題を明らかにした。パネルによれば、ユーザーごとの利用時間はリブランド後の週に7%減少し、1日あたりのセッション数も6%減少した。

Sensor Towerのシニアインサイトアナリスト、エイブ・ユセフは、「Twitterの利用とエンゲージメントは季節やニュースサイクルの影響で通常変動がありますが、エンゲージメントの減少の一部はユーザーがアプリの変更に対する不満から生じている可能性があります。」とコメントしている。

もちろん、このようなドラマチックなリブランドは反発を招く可能性があった。

先行リーダーシップの下でTwitterは成功した会社ではなかったため、アプリを大改造し、新たな目的を与えることには一定の合理性がある。ただし、長い間Twitterを利用してきた一部の信頼と goodwill を失った後でも、Xが繁栄できるかどうかはまだわかっていない。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments