火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【ツイッター大変革!】有料ユーザーがチェックマークを非表示に?!

【ツイッター大変革!】有料ユーザーがチェックマークを非表示に?!

>ソーシャルメディア企業X、以前はTwitterとして知られていましたが、有料ユーザーは現在、自分の認証マークを非表示にすることができるようになりました。Elon Muskが所有するこの企業は、Twitter Blueの再開時に有料認証を導入しました。そのサービスは現在のブランド変更の一環としてXBlueと改名されました。

会社は「プロフィールカスタマイズ」セクションのアカウント設定で、チェックマークを非表示にするオプションを表示するようになるとして、有料サブスクリプションのヘルプページ「Twitter Blueについて」を更新しました。同社は、チェックマークがいくつかの場所で表示される可能性があると述べていますが、これについて詳細は明かしていません。

「サブスクライバーとして、アカウントでチェックマークを非表示にすることができます。そのチェックマークは、プロフィールと投稿では非表示になりますが、一部の場所では表示される可能性があります。また、アクティブなサブスクリプションを持っていることが明らかになる機能も一部に存在します。チェックマークを非表示にすると一部の機能が利用できなくなる場合もあります。これらの機能を改善し、より便利に使えるように進化させていきます」と、ページに書かれています。

これにより、ユーザーは確認されたアカウントであることを示さずにサブスクリプションの特典を受けることができるとされています。チェックマークを非表示にするオプションは、アカウント設定の「プロフィールカスタマイズ」セクションに表示されます。

アプリのリバースエンジニア、Alessandro Paluzziは3月に、TwitterがID認証と共にチェックマークを非表示にする機能に取り組んでいることを指摘しました。

有料認証に関しては、有名人の旧来の認証アカウントとチェックマークを有料で購入したユーザーの区別が難しいため、大きな騒動がありました。

4月に、Twitterは古いチェックマークを削除しましたが、後に有名アカウントにはチェックマークを再度表示すると発表しました。それに関わらず、有料でなくてもです。

再開以降、同社は投稿の最大10,000文字制限、最大3時間のビデオアップロード制限、タイムライン上の広告削減、最近では購読ユーザーへの広告収益分配などの新機能を導入しており、ユーザーがプラットフォーム上でさらに投稿することを促進しています。また、5月には確認されたユーザー向けの暗号化DMなどの機能を利用できるようにしました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments