木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【Macユーザー必読!】人気の「Read It Later」アプリPocket、8月15日にMacアプリのサービス終了へ

【Macユーザー必読!】人気の「Read It Later」アプリPocket、8月15日にMacアプリのサービス終了へ

Mozillaの人気のある「Pocket」というアプリは、オンラインの記事を保存して時間があるときに読むことができるアプリですが、本日発表されたところによると、Mac向けの「Pocket for Mac」というアプリが廃止されます。その代わりに、2020年末以降に発売されたApple Silicon Macには「Pocket iOSアプリ」が提供されることになります。この変更は、2023年8月15日(火曜日)から有効となります。

この日付以降、Macアプリは動作しなくなります。

ただし、古いMacモデルをお持ちのユーザーにとっては、現行のMacアプリが終了することで、Pocketの専用のネイティブデスクトップアプリが使用できなくなることを意味します。ただし、Mozillaによると、ウェブサイトやiPhone、iPadを介してPocketを引き続き利用することができるようになります。

この移行により、利用者はラップトップやモバイルデバイスなど、さまざまなプラットフォームで一貫した体験を得ることができると同社は述べています。

Macのモデルがわからない既存のユーザーは、「リンク先のAppleのヘルプ記事」を参照して、MacにPocketのiOSアプリをインストールする資格があるかどうか確認できます。

この変更は、Pocketの核となる機能である「ホームタブ」と「マイリストタブ」(Savesとして再ブランド化されました)など、主要な機能を更新したPocketのリバンプ(今年の初めに行われました)に続いて発表されました。同社は、Pocketを単なる読書の追い付き場所にするだけでなく、高品質の推奨事項を通じて新しい読むべきものを発見できるアプリにすることを目指していると述べています。

Macアプリの廃止に関する今日のニュースは、Pocketが新しい競合に直面している時期に来ました。Instapaperや「Matter」などの他のリードインレーターアプリだけでなく、Instagramの創業者によるAIを使用したパーソナライズされた推奨事項を提供する「Artifact」といった最新のニュースリーディングアプリからも競合が増えています。

先週、ArtifactはSpeechifyとの提携により「新しいAIテキスト読み上げ音声」を追加し、ユーザーが自然な声やSnoop DoggやGwyneth Paltrowなどのセレブの声で記事を聞くことができるようになりました。比較すると、PocketのAI音声はよりロボット的な音声です。

Macアプリの廃止に加えて、PocketはユーザーをFirefoxアカウントに移行することも思い出させています。この移行は2023年7月11日から開始され、2023年8月15日から必須となります。Pocket Macアプリの廃止という決定にも影響を与えているようです。同社は、モバイルアプリに注力することで開発を簡素化しようとしています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments