木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【一緒に未来をデザイン!】アマゾンが全国展開するバーチャルヘルスクリニック

【一緒に未来をデザイン!】アマゾンが全国展開するバーチャルヘルスクリニック

AmazonはAmazon Clinicという仮想ヘルスケアマーケットプレイスを全国の顧客に拡大しています。このオンライン小売業者は本日発表しました。全米50州とワシントンD.C.の顧客は、ピンクアイや尿路感染症など30以上の一般的な健康上の問題について、ライセンスを持つ医療従事者とビデオ通話で簡単に相談できるようになります。

Amazon Clinicは2022年11月に立ち上げられました。これはユーザーと医療提供者をつなぐ手段です。Amazon Clinic自体は医療サービスを提供しておらず、代わりにテレヘルスパートナーとユーザーをつなぐプラットフォームを提供しています。

このサービスを利用するためには、顧客はAmazonのウェブサイトのAmazon ClinicまたはAmazonのモバイルアプリを訪れる必要があります。そこから、顧客は複数のテレヘルスプロバイダーグループからの応答時間や価格を比較し、受付フォームを記入して選んだプロバイダーと通信できます。

顧客がいる州によっては、予約や保険なしでメッセージングやビデオ通話で接続することができます。Amazon Clinicの安全なメッセージポータルやビデオ通話を通じて、医療従事者は推奨される治療計画を提供します。これには処方箋も含まれる場合があります。顧客は無料配送のAmazon Pharmacyで薬を受け取ることも選ぶことができます。

「透明性と簡便さを備えたヘルスケア体験を作ることで、私たちはすべての人々が医療にアクセスできるようになることを願っています」とAmazon Clinicのチーフメディカルオフィサー兼ゼネラルマネージャーであるDr. Nworah Ayoguはブログ投稿で述べています。「私たちはAmazon Clinicをさらに多くの顧客に提供することを楽しみにしており、今後数か月でさらに多くの疾患の治療を提供できるように努めています」とも述べています。

Amazonは何年もの間、医療業界に進出しようとしてきました。このオンライン小売業者はAmazon Careというテレヘルスサービスを立ち上げた後、終了させました。また、2022年初めには医療提供者OneMedicalを39億ドルで買収しました。さらに、この買収を受けてAmazon Pharmacyを立ち上げました。

2018年には、JPモルガンとバークシャー・ハサウェイとのJVを組み、従業員の医療事業を構築しました。高名な医師がその責任者に任命されました。しかし、そのサービスは予想通りの形では実現せず、2021年に閉鎖されました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments