火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【衝撃】ViaがトリッププランニングアプリCitymapperを買収!交通技術を強化する一大決断

【衝撃】ViaがトリッププランニングアプリCitymapperを買収!交通技術を強化する一大決断

先月、交通スタートアップのViaが、3.5倍の評価額で1.1億ドルを調達した際に、CEOのDaniel Ramotは、交通技術スタックを拡大するために買収をする予定であると述べました。今回その戦略の一部が明らかになりました。ロンドンのスタートアップで、人気の都市マッピングアプリを提供するCitymapperの買収を発表しました。公共交通による都市内の移動を計画する消費者向けのGoogle Mapsなどの代替手段として最初に名を上げたCitymapperは、グローバルに5000万人のユーザーを抱えています。

金額の詳細は明らかにされていません。Viaは現金と株式の混合であることを確認していますが、取引に関係するCitymapperの投資家の多くは資金回収ができないこと、そしてそれが実質的にシャットダウンになることをTechCrunchの情報源は語っています。一部の出版物では1億ドルと報じられていますが、それはこの金額よりも遥かに少ないと言われています。

Citymapperが買収を目指していると噂されていたことは何年も前から伝えられていました。GoogleやAppleのような大手企業も買収先として挙がっていましたが、ある時突然、Vaiによる買収の噂が広がり、ついに今回の買収に至ったと報じられました。

同社は以前は、ベンチャー企業のBalderton、Index Ventures、Benchmarkなどといった主要な投資家とともに5200万ドルの投資を受けており、さらに、英国クラウドファンディングの資金調達にも参加しています。

Citymapperは現在、主に英国や欧州などの108の都市をカバーしています。ViaプラットフォームにCitymapperの製品(およびデータ)を統合する予定ですが、今後も単独のサービスとして提供される予定です。CEO/founder Azmat Yusufを除くCitymapperの従業員はVaiに参加します。 Yusuf氏は移行アドバイザーに就任します。

今回の買収は、資金不足で苦しんでいるスタートアップだけでなく、特にCitymapperにとっても、交通部門全体に固有の課題を浮き彫りにするものとなっています。

Citymapperは、公共交通機関だけでなく、徒歩、自転車、スクーター、タクシーなどを含む都市移動プランニングアプリを立ち上げた際に大きな反響を巻き起こしました。そして、これは今ではマッピングアプリの定番ですが、Citymapperが2011年に世界に紹介した当時は、Google、Apple、Uberなどのようにマッピングアプリが進んでいなかった時代に先駆けていました。

しかし、Citymapperはその後もその勢いや初期の成功を生かすことができませんでした。

創業者のAzmat Yusuf氏(以下のDisrupt in Londonで撮影された写真参照)は、シリーズBの時点では、「成長のための犠牲を払う発想」ではなく、一貫した優れたユーザーエクスペリエンスに集中すると明言していました。

長年の広告やマーケティングから解放された市場に対して、彼は、「我々がやりたいことは、本当に質にフォーカスすることです。確信して、都市を見て「優れたジョブをできるだけやり遂げることができますか?」と問いかけます。もし非常に卓越した手法が見つかった場合は、より早く拡大することができます。もし拡大に苦戦する場合は、スローダウンして、良い方法を見つけると約束しています。市ごとがターゲットではなく、どれだけ良い方法を見つけるのかがターゲットです。」と言っていました。

この粘り強さは、Uberなどの企業が高速成長モードにあった中で、当時は一部の人々にとっては新鮮に映ったかもしれません。しかし、これは結果として非常にゆっくりとした変化のペースを意味することにもつながりました。

やがて、Googleのような企業もその最大のアドバンテージを超えてCitymapperを追い抜くことになりました。

同社はこのような状況に対応するために、収益を上げるための方法を模索しました。自社組み合わせの輸送サービスを開始しましたが、最終的にはそのサービスを中止しました。広告主体からマーケティングの無料体験に変わっただけでなく、いくつかの有料サービスも提供していますが、これらの受け入れ状況は不明です。また、Glassdoorなどのサイトでの評判も非常にまちまちで、有名な重役たちも退職しています。さらに、「COVID-19」の影響で、市内を動き回る人や公共交通機関を利用する人が減少するという悪い流れも避けられませんでした。

Companies Houseに提出された最新の決算書によれば、Citymapperは、2021年12月に終了した年度に、収益が伸びず、810万ポンドの運用損失を計上しています。また、その5000万人のユーザー数は2021年から更新されていないようです。

しかし、Citymapperだけが未来のルートを変更するわけではありません。

Via自体は、元々は輸送アプリ(シャトルバスなど)から始まりましたが、2021年

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments