木曜日, 4月 18, 2024
ホームバイオテック【美容ビジネスの未来に革命】GlossGeniusが2.8億ドル調達、予約と決済プラットフォームを拡大!

【美容ビジネスの未来に革命】GlossGeniusが2.8億ドル調達、予約と決済プラットフォームを拡大!

>GlossGeniusは、サロンやスパの予約と支払いを取り扱うプラットフォームで、今日、L Cattertonをリードインベスターに迎え、Bessemer Venture PartnersとImaginary Venturesも参加したシリーズCの資金調達で2,800万ドルを調達したことを発表しました。

この資金調達により、GlossGeniusの評価額は5億1000万ドルとなり、過去12カ月で2度目のアップラウンドとなります。また、これまでに累計で約7000万ドルの資金調達を行っています。創業者兼CEOのダニエル・コーエン・ショヘットは、この資金をビューティーとウェルネスのビジネスオーナーをサポートする追加の製品開発やGlossGeniusチームの「コア領域への投資」に充てる予定だと述べています。

「成長が最も速いソフトウェア企業の1つとして、年間数十億ドルの取引活動を支えるGlossGeniusは、従来技術によってサービスが充実されなかったビジネスオーナーにとっての成功と社会的な移動の重要なゲートウェイとなっています」とコーエン・ショヘットはTechCrunchのインタビューで語りました。

コーエン・ショヘットは、2016年にニューヨークに拠点を置くGlossGeniusを創設しました。以前、彼女はメイクアップアーティストのビジネスの苦労や顧客との関わりの中で問題点を経験しました。会社を立ち上げる前に、彼女と双子の姉妹であるリアは、大学で立ち上げたデジタル領収書のポイントオブセールベンチャーを運営していました。これらの経験は、ダニエルにとってはGlossGeniusのMVPを作るためにコーディングを学ぶスプリングボードとなりました。

コーエン・ショヘットは、「ビジネスオーナーが抱える多くの責任のために、彼らは時間のかかる管理作業やプロセスに無数の時間を費やしており、自分自身や収益の拡大を妨げています」と述べています。さらに、「当社の製品は、ビジネスオーナーが自分のビジネスを完全にコントロールできるようにし、大手企業と同様に洗練された方法で独自のブランドアイデンティティとクライアントエクスペリエンスを構築することを可能にします」と述べています。

GlossGeniusは、ToastやServiceTitan、Procoreなどのソフトウェアと同様に、美容とウェルネスの分野に特化したベルティカルソフトウェアの埋め込まれた決済アプリです。ビジネスは、支払い、予約、在庫費用、マーケティングに関連するフローを含む、バックオフィスとフロントオフィスのワークフローを管理するためにこのプラットフォームを使用することができます。

GlossGeniusは、ビジネスがブランディングに合わせてカスタマイズできるカードリーダーも提供しています。

コーエン・ショヘットは、「歴史的に、サロン、スパ、ウェルネスのビジネスオーナーは、ペンと紙による手動のトラッキングや複雑なジェネラルな一サイズに合わせた水平なソリューション、使いにくい既存のソリューションしか持っていませんでした」と述べています。また、「これらのオプションの多くは、小規模ビジネスの商品化を引き起こし、カスタマイズやブランドアイデンティティ、個性の機会を奪ってしまいました」とも述べています。

しかし、予約テクノロジーを採用しないビジネスは、新しい顧客を見逃す危険性があります。サロンやスパの顧客約1,000人を対象とした2019年の調査によると、サロンの営業時間中に予約をするのはわずか54%です。調査の回答者は、サロンのウェブサイトを訪れる際に最も重要な機能としてオンライン予約を挙げています。

新規ビジネスの見逃しやその他のパンデミック後の理由により、GlossGeniusの顧客基盤はかなり一貫して拡大しています。コーエン・ショヘットによれば、60,000以上のスパと美容サロンが現在、GlossGeniusのプラットフォームを利用しており、年間数十億ドルの取引を処理しています。

そのため、COVID-19の健康危機が起きる前から、スパやサロンのオーナーは収益を上げるために新しいテクノロジーを採用する意欲を示していました。アメリカの600近くのスパとサロンを対象とした2019年の調査では、マーケティングソフトウェア、ポイントオブセールシステム、クラウドソフトウェアが最も投資された3つの分野でした。

彼女はさらに、「(パンデミック後に)営業再開した際に、ビジネスオーナーが事業を改善するのに役立つデジタル製品への需要が増加したことを目撃しました」と付け加えました。また、「多くの企業が広範な停滞を経験している中で、私たちは当社のセクターが抵抗力を持ち、継続的な成長を続けていることを見ています」と述べています。

GlossGeniusの成長は素晴らしいものですが、競争相手も強力です。2022年には、美容とウェルネスの予約プラットフォームとマーケットを販売するFreshaが1億ドルを調達しました。同じ年に、予約アプリのBooksyも7000万ドルを調達しました。また、予約ベンダーのBoulevardも2022年後半に閉じた資金調達ラウンドで7000万ドルを調達しました。

予約市場のオンライントラフィックの76%がスペース内の上位5社(Vagaro、Booksy、Mindbody、Styleseat、Fresha)に集中していることを示すSemrushのデータによると、競争は激化しています。

GlossGeniusの今後の課題は、分野がますます混み合っていく中でも差別化し続けることです。

L Cattertonのイアン・フリードマンは、もちろん、信頼を寄せています。

「美容領域での深い専門知識と消費者向け優れたソフトウェア企業への投資を考えれば、ここでのビジネスへの提供のために、より良いパワフルなテクノロジーでビジネスを支える魅力的な機会が見えます」と彼はメールで述べています。「GlossGeniusの顧客が示す圧倒的な熱狂は、製品の優れた品質と同社の業界でのトッププラットフォームとしての地位を証明しています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments