金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【最強タッグ誕生!】Meta、Microsoft、AmazonがGoogle Maps&Apple Mapsに対抗するオープンマップデータセットをリリース

【最強タッグ誕生!】Meta、Microsoft、AmazonがGoogle Maps&Apple Mapsに対抗するオープンマップデータセットをリリース

メタ(Meta)、マイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)、そしてマッピング会社のトムトム(TomTom)が結成したグループが、GoogleマップとAppleマップに挑戦するために開発者が独自の地図を作成できるデータを公開します。このグループは昨年結成された「Overture Maps Foundation」と呼ばれるものです。そして今日、グループは初のオープンマップデータセットを公開しました。

このデータセットにより、サードパーティの開発者たちは、AppleとGoogleの二強に挑戦するために独自のマッピングやナビゲーション製品を開発することができます。このデータには、レストランやランドマークなどの5900万の「興味ポイント」や、交通網や行政区域に関する情報が含まれています。このデータは、メタとマイクロソフトによって収集され、寄贈されました。

「この公開は、絶えず変化する世界において包括的で市場適合なオープンマップデータセットを確立するための重要な一歩です」と、Overture Maps Foundationのエグゼクティブディレクターであるマーク・プリオローは声明で述べています。そして、「特に場所のデータセットは、以前利用できなかった重要なオープンデータセットであり、世界中の新しいビジネスやテクノロジーまで、どこにでもある一時的なストリートマーケットまでマッピングする可能性があります」と語りました。

「マッピングに携わる人々なら誰でも、初期のデータは始まりに過ぎず、ユーザーの期待に応えるためにデータを継続的に更新するという課題が常に存在することを知っています」とプリオローは続けました。「Overtureは広範な協力関係を構築し、最新の総合的なPOI(興味ポイント)データベースを作成・維持する予定です」と述べました。

昨年の最初の発表時に、このグループはデータが時間の経過とともにより多くの場所、経路やナビゲーション、3Dビルディングデータをカバーするようになると述べました。

Overture Map Foundationの目的は、開発者がアプリを作るのが簡単かつ安価になるようにすることです。背景は、開発者がGoogleマップのAPIにアクセスするために料金を支払わなければならないということです。Appleは、ネイティブアプリ開発者にはAppleマップへの無料アクセスを許可していますが、Webアプリ開発者はアクセスするために料金を支払わなければなりません。

マップと位置データは、さまざまな分野で基本的な役割を果たしており、IoT(モノのインターネット)デバイスや自動運転車、物流、ビッグデータの可視化ツールなど、あらゆるものにパワーを供給しています。そのデータが主要にメガ企業からのみアクセス可能であることは、企業がデータを活用し、利用可能な機能を制限されるという制約になる可能性があります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments