金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【巨額の賠償金を求める!】AppleがApp Store独占禁止法訴訟の標的に

【巨額の賠償金を求める!】AppleがApp Store独占禁止法訴訟の標的に

イギリスの開発者を代表する形で、アップルに対して集団訴訟が提起されています。この訴訟では、iOSアプリストア上でアプリ開発者が行うアプリ内課金について、アップルが「競争を妨げる」として非競争的な30%の手数料を徴収しているとして、最高で8億ポンド(約100億ドル)の補償金を求めています。さらに、訴訟は、開発者が研究開発に使えるお金を奪われ、イギリスの消費者が損害を被っていると主張しており、アプリイノベーションの推進にも悪影響を及ぼしていると指摘しています。

この集団訴訟は、イーストアングリア大学の競争政策の教授であり、OECDや米国司法省、欧州委員会での役職を経験したショーン・エニス氏が、イギリスの開発者1,500人以上を代表して起こしています。

「私は数十年にわたって競争問題を研究してきましたが、デジタル競争についても長い間取り組んできました。私はこれらの事件で議論されている行動が深刻な問題であると確信しています。だから、被害を受けた人々に何らかの救済を提供するために役割を果たすことに興味を持ちました」と、エニス氏はTechCrunchに語り、訴訟を起こす動機について説明しています。この訴訟は、イギリスの訴訟ファンドHarbourの支援を受けています。

この訴訟はオプトアウト型の集団訴訟であり、イギリスの開発者は潜在的な賠償金を受けるために登録する必要はありません。訴訟がアップルに有利な判決を下した場合、開発者ごとに支払われる損害賠償額は、彼らのiOSアプリビジネスに基づいて計算されるため、支払額は幅広く、場合によっては数百万ポンドにもなる可能性があります。

訴訟当事者が主張している主な論点は、既におなじみのものです。SpotifyやEpicなどの企業は何年もの間、アップルの不公正な「税金」に対して抗議してきました。彼らは自身の高プロファイルな苦情を、ヨーロッパ委員会やアメリカンヒアリングオンアプ

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments