金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【エネルギー革命の到来!】電力会社がEV充電事業に参入、次世代のモビリティに突入

【エネルギー革命の到来!】電力会社がEV充電事業に参入、次世代のモビリティに突入

>大手公開企業(S&P 500の大規模な)を運営していると想像してみてください。そして、お客様の中で最も期待されている一部のお客様に、最低でも3〜5年待ってもらわないと、希望の商品を提供できないと伝えるとします。場合によっては、10年以上待つことになるかもしれません。

たぶん、そのような場合、それらのお客様は他の誰かにお金を提供するでしょう。

それが、米国の大手電力会社で今日起こっていることです。ウォールストリートジャーナルの新たな報告によれば、電力公益事業が電気車の移行を積極的に受け入れるはずであるにもかかわらず、それらは最もためらっているようにも見えます。

この問題は特にカリフォルニア州で深刻です。今後数十年、その州では化石燃料自動車を段階的に廃止する予定です。そのほとんどが電気車に置き換えられるため、公益事業は需要が急増することが予想され、ほとんどの事業では歓迎するはずです。

現時点では、公益事業はおそらく数キロワット時の追加販売に満足しています。まだ電気自動車の所有者は、新たな投資を必要としないほどの数ではありません。また、利用可能な場所では、多くの電気自動車の所有者が、一部の公益事業が提供する低価格を活用するために充電セッションのタイミングを調整しています。さらに、WeaveGridのような数多くのスタートアップが登場し、同時に多数の電気自動車が充電されると発生するスパイクを緩和するために公益事業をサポートしています。

しかし、ますます多くの車両が充電され、ゼロ排出期限が近づくにつれて、多くの公益事業が未来に備えていないことは明らかです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments