木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【革命的な共有技術!】GoogleのNearby Share for Windowsアプリがついに公開!

【革命的な共有技術!】GoogleのNearby Share for Windowsアプリがついに公開!

>Googleは今日、Windows PC向けのNearby Shareアプリが正式に利用可能になったと発表しました。Nearby Shareを使用すると、スマートフォン、タブレット、Chromebookなどのデバイス間でファイルの共有がより簡単になります。このアプリのPC版は2023年3月以降、ベータ版として提供されており、現在正式に利用できます。

このテックジャイアントは、ベータ版が170万人以上のユーザーにインストールされ、ローンチ以来PCとAndroidデバイス間で5000万以上のファイルが転送されたと発表しています。

本日の正式リリースにより、GoogleはWindows向けのNearby Shareアプリに新たな改良を加えました。ファイルの転送完了までの予想所要時間が表示されるようになり、動画やフォルダなどの大きなファイルがいかに速く共有されるかを把握できます。また、デバイスの通知に画像のプレビューが追加され、正しいファイルが共有されているか確認できます。

“AndroidデバイスとPCの間の共有をさらにシームレスにするために、HPなどのパートナーと協力して、Nearby Shareアプリを特定のWindows PC(例:HP Dragonfly Pro)に組み込んでいます。”Googleはブログ投稿で述べています。「引き続き、Nearby Share for Windowsに新しい機能を追加し、皆様のフィードバックをお聞きしていく予定です。”

Nearby Share for Windowsを利用するには、PCのWi-FiとBluetooth機能を有効にする必要があります。機能を設定した後は、ファイルをアプリにドラッグ&ドロップするか、右クリックしてNearby Shareオプションを選択して周囲のデバイスに送信することができます。ファイルの転送元と転送先のデバイスは、お互いに16フィート以内にある必要があります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments