日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【圧倒的な映像体験を実現!】Facebookが新しい発見&編集ツールで再びビデオに本気!

【圧倒的な映像体験を実現!】Facebookが新しい発見&編集ツールで再びビデオに本気!

Facebookは今日、編集から検索までに及ぶ新しいビデオ関連の機能を発表し、YouTubeやTikTokとの競争力を高めることを発表しました。また、会社は「Watch」タブを「Video」タブに改名し、すべてのビデオ体験を一箇所に統一します。

会社は、Reelsの編集ツールをメインフィードのビデオに移植しています。これにより、人々は1つの場所から短いビデオと長いビデオを作成することができます。Metaは、すでにMeta Business Suiteのユーザーにこれらのツールを展開しています。さらに、会社は速度の調整や逆再生、クリップの置き換えなどの追加の編集機能もリリースしています。Metaはまた、ReelsでのHDRビデオのサポートも導入しており、ビデオのアップロードと再生の両方で使用できます。

オーディオに関して、Facebookは適切なオーディオトラックを見つけやすくし、ノイズを減らし、ビデオの上にボイスオーバーを録音することをより簡単にします。

このソーシャルネットワークは、「Watch」タブを「Video」としてリブランディングします。これにより、Reelsから長編コンテンツやライブビデオまで、すべてのビジュアルコンテンツが含まれるようになります。ユーザーは縦スクロールでビデオ間を移動することができますが、異なるReelsを見るための水平スクロールのカルーセルも用意されます。Metaによれば、「Video」セクションはAndroidアプリの上部バーおよびiOSアプリの下部バーに表示されます。

Facebookは2018年にFacebook Watchを発表し、YouTubeの成功に対抗するとしています。ただし、その後、多くの変化を遂げてきました。たとえば、グループが一緒にビデオを視聴できる「Watch Party」といったプログラムは終了しました。今年初めには、会社はオリジナルプログラミング部門を縮小しました。昨年、Facebookはショッピングゲームストリーミングのようなライブビデオ製品を終了することを決定しました。

このビデオに焦点を当てたフィードに加えて、ユーザーは検索ボタンの背後にある「探索ページ」にアクセスできるようになります。ユーザーがそれをタップすると、関連するショートビデオやロングビデオの異なるハッシュタグとトピックが表示されます。

Metaは以前からInstagramとFacebook間でReelsをクロスポストすることを許可してきました。今度は、Facebookで見たInstagram Reelsにコメントを追加することができます。これは、アカウントセンターで両方のアカウントを追加することによって実現できます。

ここ数か月、MetaはFacebookとInstagram全体でReelsを人気のあるビデオ形式にするための取り組みを行ってきました。3月には、Facebookはクリップごとの制限を60秒から90秒に拡大しました。会社はFacebookとInstagramでのReels作成者へのボーナスの提供を停止しましたが、5月にはパフォーマンスベースの広告収入共有プログラムのテストを開始しました。

今回の新しい展開により、Blueアプリはビデオ製品を統合しようとしています。これらの新機能による長編ビデオの探索を促進する一方で、クリエイターへの報酬に関しては新たな発表は行われていません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments