日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームバイオテック【サプリ界の新たな王者誕生!】BobbieがNature's Oneを7,000万ドルで買収

【サプリ界の新たな王者誕生!】BobbieがNature’s Oneを7,000万ドルで買収

>オーガニックの乳児用ミルクメーカーBobbieが、26年の実績を持つ小児栄養会社Nature’s Oneを買収し、新たな施設を通じて製造の一貫性を実現し、Bobbieの事業規模を3倍にしました。

Bobbieの共同設立者兼CEO、ローラ・モディは、この取引の財務条件は開示しないが、2022年9月に発表したWhite Houseの1億ドルのコミットメントを果たすものであり、乳児用ミルクの供給チェーンと産業への国内投資を増やすことである、と述べました。これは昨年の全米的な乳児用ミルク不足の1年後のことです。

「昨年の乳児用ミルクの不足は、現実には国内での製造への投資に無駄な時間はないことを強調しました。国内が重要なキーワードです」とモディはTechCrunchに語りました。「不足は一部解消しましたが、問題はまだ残っています。実際、この産業はこれが全ての始まりであるところの源泉に改善を試みたり、何ら行動を起こしたりしていません」。

さらに、BobbieはNature’s Oneの買収資金調達として7000万ドルのシリーズCラウンドを終了しました。モディは評価額は開示していませんが、前回資金調達時よりも増加していると述べました。この新たな投資は、PowerPlant Partnersからの3500万ドルの出資を中心に、複数のBobbieの既存投資家も参加しました。これにより、Bobbieのベンチャー支援の資金調達総額はこれまでに1420万ドルに達しました。

Bobbieは、2019年にモディとサラ・ハーディによって設立され、ヨーロッパ式の乳児用ミルクを提供しています。この会社は2022年初めに5000万ドルを調達し、創業2年で非WIC市場の5%以上を網羅し、出荷された商品で30万人以上の赤ちゃんに提供してきました。

過去1年間で、同社は大きく成長しました。Bobbieの売り上げは全体で前年比394%増となり、売り上げは1億ドル以上、従業員数は100人以上に達しました。モディによれば、年間比での成長率は乳児用ミルク市場の他の部分よりも6倍も速いそうです。また、Bobbieのミルクは乳児用ミルクの不足時にTargetで販売が開始され、当時「全米の小売店棚に唯一載った米国製の乳児用ミルク」となりました。

Nature’s Oneが良い買収対象である理由について尋ねたところ、モディは「米国の乳児用ミルク市場は(2030年までに)68億ドルに達すると見込まれており、数十年間存在していたこの二極化にアプローチする上で、多様性を持たせるためです。」と説明しました。

また、モディは、Nature’s Oneのブランドに対する「狂信的なファン」の存在と、最新の製造施設の利用によってBobbieがNature’s Oneを買収したと述べました。「もし自分で製造施設を建てるなら、それがまさに私の理想の設計図です」とモディは語りました。

「この会社はBobbieと非常に似たDNAを持っています。クリーンでシンプルでオーガニックな製品の製造哲学です」とモディは付け加えました。「数十年間幼児用ミルクを作り続けた後、乳児用ミルクの製造を始めた際、彼らは非常に、非常に異なる産業に目を覚ました。この1年間で乳児用ミルク業界は誰も追いつけないほど早く変化しました。彼らにとっては、単独で取り組むよりも力を合わせる方が有利であるとの認識があったと思います」。

Nature’s Oneの買収により、Bobbieは米国で3番目に大きな完全一貫したブランドとなり、非WIC市場で15%のシェアを占めるようになります。さらに、Nature’s Oneの新しい製造施設により、Bobbieの生産量は現行の3倍に増えるとモディは述べました。

Bobbieは引き続きBaby’s OnlyブランドでNature’s Oneの製品を製造し、次の1年間で自社製品の製造に取り組みます。また、モディはPerrigo社との製造関係も継続し、パートナーシップを強化する予定です。

1997年にJay Highmanによって設立されたNature’s Oneは、従来は幼児用ミルクの製造を手がけていました。しかし、2022年10月に同社は有機乳児用ミルクの製品ラインを米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けました。HighmanとNature’s Oneの従業員は、モディによれば、同社とともに引き続き活動し、HighmanはNature’s Oneのエグゼクティブディレクターとなり、Nature’s One投資家のJuggernaut Capital Partnersとともに合併企業の株主になります。

「バルナニアがある必需品を支援する製造業にとって、このようなビジネスプレイブックが採用されるべきです」とモディは述べました。「これはスマートなビジネスの動きであり、米国が再び[ミルク]危機を回避するうえで必要なことです」。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments