月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【待望の公開ベータ版!】macOS 14「Sonoma」がついにリリース!

【待望の公開ベータ版!】macOS 14「Sonoma」がついにリリース!

>AppleがmacOS 14 Sonomaのパブリックベータ版をリリースしました。おそらく、あなたはしばらくワインカントリーの水中にいたのではないでしょうか。というのも、WWDCで同社は新しいオペレーティングシステムへのアーリーアクセスを、デベロッパーアカウントを持つ全員に提供することを発表しました。つまり、$99のデベロッパープログラムに加入している人だけでなく、誰でも利用できるようになりました。

もちろん、通常の注意が必要です。私は先月の開発者会議以来、すべてのマシンでベータ版を実行しており、いくつかのバグに遭遇しました。大したことはありませんが、完全なバージョンがリリースされるまで、人々にはインストールを待つことをおすすめします。

AppleのすべてのOSのリリースには、異なるプラットフォーム間で共通のDNAがたくさんあります。それは、後のリリースごとにますます真実になっているものです。macOS 14とiOS 17には、いくつかの共有機能があります。以下ではそれについて詳しく解説しますが、最初にデスクトップ専用の主な追加機能から始めましょう。

一般的には無料のアップデートなので、互換性のあるシステムを持っている場合は適切な時期にアップグレードすることをおすすめします。もちろん、古いアプリやワークフローを使用している場合は、いつものフォーラムで他の人の意見を見てからにするのも悪くありません。メジャーオペレーティングシステムのアップグレードは、何かを壊す非常に現実的なリスクがあります。アップデートは簡単ですが、元に戻すことは一般的には難しいです。

以下にSonomaと互換性のあるデバイスを示します:

• iMac: 2019年以降
• Mac Pro: 2019年以降
• iMac Pro: 2017年
• Mac Studio: 2022年以降
• MacBook Air: 2018年以降
• Mac mini: 2018年以降
• MacBook Pro: 2018年以降

最大のアップデートは何だと思いますか?一言で言えば、ウィジェットです。具体的には、ウィジェットはもはやサイドバーの専売特許ではありません。今ではデスクトップにドラッグして配置することができます。それは、以前のiOSのバージョンから借りたトリックです。このプロセスは動的であり、デスクトップに配置されたウィジェットは、オープンしているアプリの下に置かれると透明なパネルに変わります。興味深いことに、デスクトップ上のファイルの上にドラッグしようとすると、ウィジェットがファイルを押しのけます。

関連するiPhoneを近くに持っている場合、サイドバーの下にそのデバイスのウィジェットを引っ張るためのオプションが表示されます。

幸いにも、最近のmacOSのアップデートでは、ビデオ会議により大きな焦点が当てられています。改善されたウェブカメラハードウェアや連続撮影カメラ(接続されたiPhoneをウェブカメラとして使用できる機能)などと共に、COVIDの制限が緩和されても衰えない仕事と生活の一部であるこの側面に注力していることは良いことです。

Center Stageのような機能に加えて、リアクションなども追加されています。これにより、祝福、ハート、花火などのメッセージのアニメーションを追加することができます。これらはマウスクリックまたは手のジェスチャーでアクティベートできます。これらはZoomなどのさまざまなテレコンフェレンスアプリで利用できるため、FaceTimeの中でのみ使用する必要はありません。Appleの側の賢い動きですが、ビジネスの電話にFaceTimeを使用しないという事実があります。また、Previewなどのアプリのウィンドウでは、「共有先」機能も利用できるようになります。

Safariのファイリングシステムもアップグレードされ、プロファイルが追加されました。それらを「ホーム」「仕事」「学校」などの異なる場所に分割して、ブックマーク、タブグループ、履歴、クッキーが互いに干渉しないようにすることができます。ブラウザはまた、ウェブアプリをドックに保存することも可能です。Safariでサイトを訪れ、ファイル > ドックに追加に移動し、サイトのファビコンが簡単にアクセスできるように保存されます。

家族向けの新機能として、ダイナミックに更新される共有パスワードのグループ作成機能があります。必要に応じてリストから人を削除することもできます。Safariはまた、離れている間はプライベートブラウジングウィンドウをロックし、内容を隠し、パスワードで保護することで、望ましくない監視から保護します。

いつも通り、MessagesはクロスOSのアップデートを受けます。これには、複数の検索フィルターの追加、再生のスワイプ、Apple Mapsを介した位置情報の共有などが含まれます(希望があれば)。また、オートコレクトもアップグレードされるため、「fuck」と入力して本当に意味を持たせることができるようになりました。

最終的なリリースは、今年の後半に到着する予定です(9月/10月が有力な時期です)。いざやってきましたよ。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments