金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームバイオテック【画期的な赤ちゃんのための最高の選択肢!】BobbieがNature's Oneを7,000万ドルで買収

【画期的な赤ちゃんのための最高の選択肢!】BobbieがNature’s Oneを7,000万ドルで買収

>オーガニック乳児用ミルクの企業、Bobbieは、26年の歴史を持つ小児栄養会社であるNature’s Oneを買収し、新しい施設を通じてミルク製造の一貫性を確保し、Bobbieの事業規模を3倍に拡大させました。

Bobbieの共同創業者兼CEOであるラウラ・モディ氏は、取引の金額については開示しませんでしたが、Bobbieが9月に行った$1億のホワイトハウス承諾に基づいて、乳児用ミルクの供給チェーンと産業への国内投資を増やすと発表した旨を述べました。これは全国的な乳児用ミルク不足から1年後のことです。

モディ氏はTechCrunchに対して、「昨年の乳児用ミルク不足は、国内製造への投資にゼロの余裕があるわけではないことを明確に示しました。『国内』とはキーワードです」と述べ、「不足はある程度解消されましたが、この重大な課題は依然として残っています。実際の問題の発生源がどこで、どのように改善されるべきかを産業がほとんど手を付けずにいるという事実に目を覚まされたのです」と述べました。

また、Bobbieは、Nature’s Oneを買収するために7,000万ドルのシリーズCラウンドの資金調達を終えました。モディ氏は評価額については開示しませんでしたが、前回のラウンドよりも上昇したと述べました。新しい投資は、PowerPlant Partnersからの3,500万ドルの出資を中心に、Bobbieの既存投資家のいくつかも参加しました。これにより、Bobbieのベンチャー資金調達総額は、これまでに1億4,200万ドルに達しました。

Bobbieは、モディ氏とサラ・ハーディ氏によって2019年に設立され、ヨーロッパ式の乳児用ミルクを提供することを目的としています。同社は2022年初頭に50,000万ドルを調達し、製品の発売から2年間で非WIC市場の5%以上を網羅し、30万人以上の赤ちゃんに利用されました。

過去1年間で同社は大きく成長しました。Bobbieは前年比で総売上高を394%増加させ、1億ドルを超える売上高と100人以上の従業員を抱えるまでになりました。モディ氏によれば、年間成長率は乳児用ミルク市場全体よりも6倍速くなっています。また、Bobbieのミルクはターゲットで発売され、同社によれば、「全国的な小売業者の棚に並べられる唯一の米国製乳児用ミルク」となりました。

Nature’s Oneが買収対象として適していた理由について尋ねられた際、モディ氏は、「買収により、伝統的に数十年間存在していた『二元制度』による米国の乳児用ミルク市場に多様性をもたらすことができる」と説明しました。米国の乳児用ミルク市場は2030年までに68億ドル規模になると見込まれています。

また、彼女は、Nature’s Oneがブランドに対する「カルト的なフォロワー」を持ち、最先端の製造施設を使用している点において、Bobbieにとって好ましい買収対象であると述べました。「もし私が自分自身の施設を建てるなら、それはまさに理想的な設計図になるだろう」とモディ氏は述べました。

「この会社は、Bobbieと非常に近いDNAを持っています。クリーンでシンプルなオーガニック製品という同じ製品哲学を持っています」とモディ氏は付け加えました。「彼らは長い間幼児用ミルクを製造してきたが、彼ら自身も非常に異なる産業に目覚めることになりました。この1年で、乳児用ミルク業界は誰の追いつく能力よりも速く変革されました。彼らにとっては、単独で進めるよりも一緒に進んだ方が強くなれるという認識でした」と述べました。

Nature’s Oneの買収により、Bobbieは米国で3番目に大きな完全一貫ブランドとなり、非WIC市場で15%のシェアを占めるようになります。さらに、Nature’s Oneの新しい製造施設により、Bobbieの生産能力は3倍に増加する予定です。

Bobbieは引き続きBaby’s OnlyブランドとしてNature’s Oneの製品を製造し、1年以内には自社製品の製造も施設内で行う予定です。また、同社はPerrigo Co.との製造パートナーシップを継続し、そのパートナーシップを強化する計画です。

1997年にJay Highmanによって設立されたNature’s Oneは、これまで幼児用ミルクメーカーとして知られていました。しかし、2022年10月には、同社がオーガニック乳児用ミルクのラインに対して米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得しました。モディ氏によれば、Highman氏とNature’s Oneの従業員は同社に引き続き在籍し、Nature’s Oneのエグゼクティブディレクターとしての役割を担い、Nature’s Oneの投資家であるJuggernaut Capital Partnersとともに新たな組織の株主となるとのことです。

「これは、脆弱な人々に対して重要な製品を供給するすべての製造業が行うべき手順です」とモディ氏は語ります。「これは賢明なビジネス判断であり、これがアメリカが再び[ミルクの]危機に陥ることを避けるのに役立つのです」。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments