木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【未来服の革命!】Metaの新しいスレッドベータプログラムがAndroidユーザーに早期アクセスを提供

【未来服の革命!】Metaの新しいスレッドベータプログラムがAndroidユーザーに早期アクセスを提供

Metaは、金曜日に同社のエンジニアが発表したように、Android向けのThreadsベータプログラムを開始します。ベータプログラムにより、ユーザーは新機能やバグ修正に早期アクセスすることができますが、他のベータプログラムと同様に、不安定なビルドをダウンロードする際にはリスクが増加します。

Threadsは水曜日にローンチし、わずか2日で7000万人のユーザーを集めました。このプラットフォームには、ダイレクトメッセージや「Following」フィード、完全なウェブ版、時系列フィードなどのいくつかの注目すべき機能が欠けています。現在のプラットフォームはある種の基本的な構造しか持っていないため、新しいベータプログラムは新機能を手に入れたいユーザーにとって魅力的かもしれません。

ベータプログラムへの招待状には、「アプリの使用に関する一部のデータが収集され、開発者と共有され、アプリの改善に役立てられることがあります」という注意書きがあります。また、テスト版は不安定な場合があるとも警告されています。

今日からベータへのアクセスにサインアップすることができます。待ちリストはないため、Androidデバイスを持っている人は誰でもプログラムに参加して、将来のビルドを試すことができます。

Threadsでは、Instagramユーザーは既存の認証情報を使用して、テキスト(最大500文字)、リンク、写真、5分間の動画などを短い更新として投稿することができます。ローンチ時点では、Threadsは100か国でiOSとAndroidで利用可能ですが、EUでは利用できないようです。現地のデータプライバシー規制への準拠に関する懸念が原因と報じられています。

Threadsはわずか2日間しか利用できなかったにもかかわらず、エロン・マスクが所有するTwitterの注意を引き付けています。そのため、このソーシャルメディア企業はThreadsに対して法的措置をもって脅迫し、Metaが新しいプラットフォームを作るために元Twitter従業員を引き抜いたと非難しています。Metaはこれらの告発を否定しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments