金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【Appleがインドで大掃除!】過酷な貸し付けアプリを一掃

【Appleがインドで大掃除!】過酷な貸し付けアプリを一掃

>Appleは、インドのApp Storeからいくつかの高金利貸付アプリを今週取り下げました。ユーザーやメディアがこれらのサービスの信憑性について疑問を呈した数日後のことです。

Pocket Kash、White Kash、Golden Kash、OK Rupeeなどのアプリが今週、Appleのストアから取り下げられました。これらのアプリは、インドの消費者に迅速な貸付サービスを提供しており、最近数週間でApp Storeの金融リストの上位20位に上り詰めました。しかし、数百のユーザーレビューによれば、これらのアプリは過剰に法外な手数料を課していました。

貸付業者は、借り手が返済するようにするために、まったく倫理に反する手段も使っていました。

「私は絶望的な状況である額を借りましたが、[…返済期限の前日に私の写真と私の連絡先を含むメッセージを受け取り、ローンを支払っていないと連絡先に知らせると脅迫されました」と、先月のあるユーザーレビューが述べています。

これらのアプリは、奇妙な名前と疑わしいウェブサイトを持つ開発者によって作られ、数百もの類似したレビューで埋め尽くされており、いくつかのレビューでは業者から受けたより驚くべき脅迫も共有されています。

TechCrunchは月曜日にAppleにコメントを求め、2日後には少なくとも6つのアプリが取り下げられました。

Appleは、これらのアプリがApple Developer Program License Agreementやガイドラインに違反しているために取り下げたことをTechCrunchに確認しました。また、これらのアプリは「金融機関との関係を誤って表現している」ということもAppleが発見したと述べています。

「App Storeと私たちのApp Review Guidelinesは、ユーザーに可能な限り安全な体験を提供するために設計されています」とAppleは述べています。「私たちはApp Storeでの詐欺行為を許容せず、システムを騙そうとするアプリや開発者に対して厳格なルールを持っています」。

「わが社の最新の分析では、2022年にApp Storeは20億ドル以上の不正な取引を阻止し、Appleの品質と安全基準を満たさないとして約170万件のアプリの提出を却下し、潜在的な詐欺行為のために約42万8000件の開発者アカウントを終了しました」と述べています。

インドの急成長するFintech業界は、高金利貸付アプリの台頭も不安を抱かせるものとなっています。これらのアプリの増加は、国内のスマートフォンの普及と厳しい経済的需要と密接に関連しています。一部のデジタルプラットフォームは規制上の抜け穴を利用し、金利は驚くほど高いものの、ほぼ即座に保証されないローンを提供しています。

伝統的な金融サービスに簡単にアクセスできない貧困層は、このような慣行に対して脆弱性を抱えています。COVID-19パンデミックによる状況の悪化により、仕事の喪失や所得の減少が広範囲に広がり、金融の不安が増大しました。

インドでは、Androidモバイルオペレーティングシステムを採用しているGoogleのストアが長らく高金利貸付アプリの主要なプラットフォームでした。Googleと国内の中央銀行は、過去1年間にわたって積極的に介入し、貸付アプリに対して利用者に対して透明な契約条件を伝えることや個人データへのアクセスを制限することを義務付けています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments