木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリGoogle、検索結果で低コストの医療センターを見つけやすくする新機能追加!

Google、検索結果で低コストの医療センターを見つけやすくする新機能追加!

Googleは、本日の健康関連イベントで、検索を含む製品の健康関連アップデートを発表しました。その中でもっとも注目すべきことは、人々が身近な医療施設を手軽に見つけられるようにすることです。テックジャイアントは、検索結果で、無料または低コストでケアを提供するコミュニティ保健センターを示すプロバイダーを表示できるようにすると発表しました。

医療クリニックが手頃な価格でケアを提供する場合、その名前の下に「無料または低コストのケア」のラベルが検索結果に表示されるようになります。

「米国にあるコミュニティ保健センターの情報を見ることができるようになります。これらのセンターに注目しているのは、プライマリケアへのアクセスが慢性疾患の改善、予防サービスの使用増加、ER診療の減少に影響を与えることが実証されているためです。このコミュニティ保健センターのデータは、すべて登録された連邦資格保持健康センターを含む、健康資源およびサービス管理局の公開情報に基づいています。」と、Googleの健康および検索製品のシニアプロダクトディレクター、Hema Budarajuさんは報道陣に語っています。

Googleはまた、Search上でメディケイドの再登録情報を簡単に見つけられるようにすると発表しました。米国で何百万人もの人々がパンデミック中にメディケイドに登録したため、1年ごとの再登録の要件は当時一時停止されました。ただ、3月31日に一時停止が切れるため、再登録をしなければ健康保険が失効する恐れがあります。

これを回避するために、GoogleはSearch上でメディケイドの再登録情報を簡単に見つけられるようにしています。州別の再登録情報を確認することで、ユーザーは必要な手続きがわかります。

Googleは、Searchが最新情報と接続されるように新しい方法を使用していると述べています。同社は、会話AIテクノロジーのDuplexを利用して、米国の数千の医療施設に電話し、Google Search上の情報を確認しています。Googleはまた、Duplexを使って、提供者が自分たちの州で特定のメディケイドプランを受け入れているかどうかを確認しました。

このテックジャイアントは、世界中のメンタルヘルスとクライシスヘルプラインのネットワークであるThroughLineと提携し、自殺、家庭内暴力、その他のクライシスに関連する検索に上位に表示されるクライシスヘルプラインの数を追加することで、検索を拡張することも発表しました。

Googleは今月後半には、Fitbitと互換性のあるデバイスを使用してFitbitの健康メトリクスダッシュボード機能を使用している人々に、サブスクリプションなしでより多くの機能を提供する予定です。この機能は、呼吸の速度、皮膚温度、酸素濃度などの変化を明らかにするのに役立ちます。Googleによると、このアップデートにより、ユーザーはより長い期間のトレンドを把握することができ、基準値からどのメトリクスが変化したかについての洞察を得られます。

Googleはまた、ハーバード医科大学継続医学教育YouTubeチャンネルのコンテンツが、クリニシャンが継続医学および継続看護教育クレジットを請求するために資格があることを発表しました。さらに、同社は、認可機関がYouTubeでより多くのCME資格対象コンテンツを作成するためのビデオプロダクションおよびコンテンツ戦略のベストプラクティスを提供するために、継続医学教育認定協議会と協力しています。

オリジナル記事へのリンク:https://blog.google/technology/health/consumer-health-updates-thecheckup/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments