金曜日, 2月 23, 2024
ホームバイオテック【血糖コントロールの革新!】Clivi Livongoがラテンアメリカに上陸、ヘルスケア界に大変革をもたらす!

【血糖コントロールの革新!】Clivi Livongoがラテンアメリカに上陸、ヘルスケア界に大変革をもたらす!

世界中で422百万人以上が糖尿病を患っており、世界保健機関によれば病気を患っている人の大半は低所得国および中所得国に住んでいるとのこと。

Statistaによると、ラテンアメリカには4000万人以上の糖尿病成人患者がいます。そして、世界的なデジタルヘルス市場が2030年までに1.5兆ドルに達する見込みである中、メキシコに本拠を置く糖尿病管理スタートアップ、Cliviは包括的かつ技術的、そして個人に合わせた糖尿病医療提供アプローチによって疾患をコントロールすることを目指しています。

「メキシコでは、ほぼ1万人に1人の内分泌科医がいます」と、Cliviの創業者兼CEOであるリカルド・モグエル氏はTechCrunchに語りました。「慢性疾患に対しては、3か月に1度医師に会うこともあるかもしれませんが、患者は毎日の決断を下す必要があります。」

Cliviは、患者を内分泌科医、栄養士、心理士とつなぎ、WhatsAppなどのコミュニケーションチャンネルを通じて、監視や治療計画にアクセスできるようにすることで、治療目標をより達成し、ライフスタイルの変化に合わせたアディアランスを向上させるためのバランスを取ることを目指しています。

同社は、グルコメーター、テストストリップ、血液検査などのすべての物資、それに医薬品まで提供します。健康プランの価格帯は月790ペソから始まりますが、平均患者は私的保険で月40ペソを支払うことになります。

ラテンアメリカにおいては、糖尿病患者が治療を開始するのが遅れるため、寿命が10年短縮されることがあります。Cliviの目標は、患者がその10年のうち4年を取り戻すことを支援することです。

Cliviのプラットフォームは2021年10月に稼働し、これまでに数千人の患者を支援してきました。モグエル氏によれば、そのうち94%が6か月以内に糖尿病をコントロールしています。現在、同社は月平均2,000人の新規患者が加わっています。また、過去15か月間で年間定期収益1百万メキシコペソに達し、モグエル氏は今後12か月以内にその10倍の成長を期待しています。

同社は、今後5年間で、デジタルクリニックと糖尿病遠隔モニタリングサービスを通じて100万人にサービスを提供することを目指しているとのことです。

今回、同社はこの目標に向けて1,000万ドルのシードファンディングを発表しました。この投資は、Dalus CapitalとFoundation Capitalが共同で主導し、Cathay InnovationのC. Entrepreneursファンド、Femsa Ventures、Quiet Capital、500、Next Billion Ventures、Conexoなどの投資家グループが参加しました。また、Jüstoの創設者兼CEOのリカルド・ウェデル氏、Kueskiの創設者兼CEOのアダルベルト・フローレス氏、Trust Networksの共同創設者のスレシュ・バッチ氏、99&Maraの創設者兼CEOのアリエル・ランブレヒト氏、Metaのエグゼクティブであるタラ・シード氏、Reina Madreの共同創設者のビセンテ・アリステギ氏やフアン・モクテスマ氏などのエンジェル投資家グループも参加しました。

モグエル氏によれば、この新しい資金は、医師が患者を治療するための能力を向上させるため、人工知能技術を組み込むことで対応策の自動化を実現するために使われます。同社はまた、メキシコでの企業や公衆衛生組織との協業を拡大する予定です。モグエル氏は、「メキシコ市場を支配し、1年以内にメキシコでNo.1の糖尿病クリニックになる」と述べています。

「これにより、他のスペイン語圏地域へのソリューションの拡大を始める前に、地盤を整えることができます」とモグエル氏は述べています。「これがラテンアメリカのLivongoになることだけでなく、ラテンアメリカ全域における糖尿病や慢性疾患の最大プレイヤーになるためのマスタープランです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments