木曜日, 4月 18, 2024
ホーム環境【米国財務省の狙いは?】再生可能エネルギー投資の増額でグリーン経済への布石

【米国財務省の狙いは?】再生可能エネルギー投資の増額でグリーン経済への布石

>再生可能エネルギー市場には「欠けた中間部分」がありますが、これからはもう欠けたままではありません。

アメリカ財務省は水曜日、インフレ抑制法に基づく新しいガイダンスを発表しました。これにより、税制的な観点からこれまで扱うのが難しかった範囲の再生可能エネルギープロジェクトの開発が可能になります。

さらに、納税義務のない都市や非営利団体が、様々な気候に良い技術に投資する際に直接支払いを受け取ることができるようにします。これらの変更により、今後10年間で数千億ドルに及ぶ投資が可能になる可能性があります。

直接支払いに関するガイダンスを中心に、免税機関の屋上に太陽光パネルを設置したり、学校や教会などに設置したりすることができるようになります。電気自動車に対する需要が高まっている学校バスも、より手に入りやすくなるでしょう。そして、農村地域の電力協同組合はついに株式会社と同じ水準に達することができます。

しかし、おそらく大きなニュースは、税額控除の譲渡に関するガイダンスです。これまで、再生可能エネルギープロジェクト開発者は、利用可能な税額控除を最大限に活用するために、複雑で高額な税の公平性を含む契約を締結する必要がありました。

例えば、太陽光プロジェクトは、その総費用の30%から50%を税額控除の対象とすることができます。一般的な大規模プロジェクトは1億ドルから2億ドル程度の費用がかかるため、最大で5000万ドルから1億ドルの税額控除が可能です。

再生可能エネルギー税額控除マーケットの共同創設者兼CEOであるAndy Moon氏は、「インフラにおいて、数値は非常に速く非常に大きくなります」と述べています。「その結果、ほとんどの企業は、これらの控除を吸収するための納税義務がありません。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments