日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームバイオテック【女性の健康投資!】リチャージ・キャピタルがニーズに応える投資信託を提供

【女性の健康投資!】リチャージ・キャピタルがニーズに応える投資信託を提供

体外受精(IVF)の需要は世界的に拡大していますが、医療研究のたった1%しか女性の健康状態に投資されていません。Recharge Capitalは、新しい投資ビークルを通じて2億ドルの総額を投じ、東南アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東での女性の健康と不妊治療のエコシステムの創造に焦点を合わせます。そのためには、デジタルヘルスケアプラットフォームや地元のクリニックを含む投資とロールアップが必要です。

本日、このニューヨークのベンチャー企業は、Peter Thiel、Olayan Group、Blue Lion Group、Salmira Investment FundのAl Rashid家、DisneyファミリーのShamrock Holdings、Sierra Nevada CorporationのOzmen家、HedosophiaのIan Osborne、そしてLovett’s Frank Liuなどからの資金を含む第1幕の閉幕を発表しました。

Recharge Capitalは、スタートアップを育成するだけでなく、すでに設立された企業に投資しています。その中には、東南アジアの不妊サービスクリニックGeneration Prime、メキシコの不妊クリニックFertilidad Integral、IVFソフトウェアプロバイダのEmbryonics、月経の健康を目的としたスタートアップElix Healingが含まれています。

Recharge Capitalの共同創設者であるLorin Gu氏はTechCrunchに対し、ベンチャーキャピタルとプライベートエクイティの組み合わせを生かすことができる分野を探していると述べ、女性の健康医療に注目したと説明しています。「また、当社メンバーの中には、自身の不妊治療の経験があり、業界で改善が必要な領域を理解しています」と彼は述べ、Rechargeの目標の1つは、世界中で家族計画サービスへのアクセスを増やすことです。

Recharge Capitalが焦点を当てるのは、医療観光です。多くの市場で不妊治療の費用が高額であるため、患者は簡単にサービスと規制を提供する他の国で治療を求めるようになっています。ターゲットマーケットの東南アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東は、国内市場に加えて、中国を含む医療観光客からも需要が高いです。Rechargeがビジネスモデルの一部として代理出産を含む企業に対しては、Gu氏は、各ターゲットマーケットで代理出産の規制を厳密に順守し、患者と代理母を公正かつ倫理的に扱うようにすると述べました。

Recharge Capitalの女性医療用投資ビークルは、キャピタル・コール・モデルではなく、マイルストーンに基づいた展開スケジュールを採用しています。ポートフォリオ企業と協力して、複数年にわたる実行計画を開発するためのものです。Gu氏は、マイルストーンに基づく展開スケジュールは、投資家やマネジャーが資本の使われ方をより良く把握でき、資本使用のリスクが減少すると述べ、マイルストーンは、売上やEBITDAに基づくものであると述べました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments