木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【今すぐトライ!】Googleが新たなAI技術を開発、異なるモデルに服を試着可能に!

【今すぐトライ!】Googleが新たなAI技術を開発、異なるモデルに服を試着可能に!

Googleは、ジェネレーティブAI技術を積極的に活用するため、新しいショッピング機能を発売します。これは、リアルなファッションモデルのラインナップに服を着た様子を表示するというものです。

Googleショッピングの一連のアップデートの一部として、アパレル商品のためのバーチャル試着ツールは、衣服の画像を取得し、それがどのようにドレープされ、折りたたまれ、伸び、シワや影が形成されるかを予測し、異なるポーズでの多くのモデルに提供します。

バーチャル試着は、Googleが社内で開発した新しい拡散ベースのモデルによって可能になっています。拡散モデルには、テキストからアートを生成するStable DiffusionやDALL-E 2などが含まれ、完全にノイズでできた開始画像から徐々にノイズを引いて、ステップバイステップで目標に近づけるように学習します。

Googleは、多数の画像ペアを使用して、各ペアが服を着た人物の2つのユニークなポーズを含むようなテストを実施し、モデルをより堅牢にするために、衣服と人物のランダムな画像ペアを使用したプロセスを反復して行ったため、視覚上の欠陥(例えば、歪んでいて自然でないように見えるシワ)も対処できるようになりました。

今日から、Anthropologie、Everlane、H&M、LOFTを含む多数のブランドの女性用トップスをバーチャル試着することができます。Google検索で新しい「試着」バッジを探してください。一方、男性用トップスは今年後半に発売予定です。

Googleの消費者ショッピング製品のシニアディレクターであるLilian Rincon氏は、TechCrunchと共有されたブログ投稿で、「実際に店で服を着てみると、自分に合っているかどうかがすぐに分かる」と述べ、「モデルの画像で自分を表現できないと感じるオンラインショッピングを行う42%の人々や、オンラインで買い物をすると、商品が期待と異なった姿に見えて不満を感じる人々が59%いること」を引用しています。

バーチャル試着技術自体は新しいものではありません。AmazonやAdobeは長年にわたってジェネレーターを使ったアパレルモデリングを実験してきました。また、昨年からオンラインで使用されている顧客の写真を使って衣服をモデリングするオンライン機能を提供するWalmartも同様です。AIスタートアップのAIMIRRは、リアルタイムの衣服レンダリング技術を使用して、衣服の画像を実際に着用した人物のライブビデオにオーバーレイするようにしています。

Google自体も過去にバーチャル試着技術を実験しており、L’Oréal、Estée Lauder、MAC Cosmetics、Black Opal、Charlotte Tilburyと協力して、様々なスキントーンを持つモデルのさまざまなベースメイクシェードを試すことができるようになっていました。

アパレル産業にジェネレーティブAIがますます浸透する中、古くからの不平等を悪化させていると感じているモデルから反発が起きています。

モデルはほとんど低賃金の独立請負業者であり、高い代理店手数料(約20%)や、飛行機のチケット、グループの宿泊費、クライアントとの仕事を得るために必要なプロモーション資料など、ビジネス費用に負担を強いられています。また、バイアスのある採用傾向を反映しており、2016年時点でファッション広告のモデルの78%が白人であったという調査結果が出ています。

Levi’sをはじめ、多くの企業が、カスタマイズされたAI生成モデルを作成するためのAI技術をテストしています。Levi’sは、様々な特徴を持つモデルがその製品を着用している様子を見ることができるようになると説明し、この技術を擁護しています。しかし、同社は、多様な特徴を持ったモデルを採用しなかった理由について批判的な質問には答えていません。

Rinconは、ブログ投稿でGoogleはリアルモデルを使用し、様々な民族、肌のトーン、体型、髪型に対応するXXS-4XLのサイズを持つ多様なラインナップを提供していると強調しています。ただし、今後バーチャル試着機能が減少し、モデルの写真撮影機会が減る可能性があるかどうかは明言していません。

バーチャル試着の展開に合わせて、AIとビジュアルマッチングアルゴリズムによって可能になる衣料品の検索フィルターも提供されます。ショッピング内の製品リストで利用できるフィルターは、色、スタイル、パターンなどの入力を使用して、ユーザーがストア内での検索を狭めることができるようになります。

Rinconは、「店員が入店客にアドバイスをすることで、お客様がすでに試着したものに基づいて、他のオプションを提案したり見つけたりすることができます。これからは、オンラインでの衣服の買い物でも追加の手助けが得られます。」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments