金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【テスラのスーパーチャージャーに危機!?】サービス拡大でネットワークは維持できるのか?

【テスラのスーパーチャージャーに危機!?】サービス拡大でネットワークは維持できるのか?

>テスラがスーパーチャージャーネットワークの信頼性を維持したい場合、改善が必要です。

自動車メーカーは最近、来年からFordGMに大部分の充電器を開放することに合意しました。この動きはコストがかかる資本投資を収益化し、Teslaのボトムラインを強化することを約束する一方、既存のオーナーや今後のオーナーを不安にさせる可能性があり、充電スペースの競争が激化することが予想されます。

現在、Teslaのドライバーは、米国で最大かつ最も広く展開されたネットワークで充電できます。このネットワークは、最新のハードウェアとテクノロジーを採用しており、米国内でのTeslaの総車両数を考慮すると、一つの充電スタンドに対して競合する車両数は80台程度です。そのため、待ち時間は通常ほとんどなく、最大でも休日や高い交通量が予想される場所でも短いです。Teslaの車両と充電器の比率は競合他社の2倍以上です。

しかし、FordとGMの契約が発効することで、Teslaがこれまでに設置した19,210のスーパーチャージャースタンドのうち、12,000以上が一般向けにオープンされることで、これらの数字に疑問が投げかけられます。GMとFordは現在、車両数の多いEVを市場に投入しており、それぞれ120,000台と90,000台以上の車両を稼働させています。また、北米市場での生産の拡大を計画しています。

これらの情報から、Teslaオーナーは、来年から若干の不便を感じることが予想されます。GMやFordの生産目標を考えると、今年中に約25万台以上のEVが市場に投入され、来年には約75万台が市場に参入する予定です。2025年までには、彼らは年間150万台近くのEVを販売する可能性があります。これにより、2025年までに彼らが保有するEVの数は、250万台から300万台に達する可能性があります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments