金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【新時代のビジネス会議!】マイクロソフトがアバタービジネス会議ツールを発表!

【新時代のビジネス会議!】マイクロソフトがアバタービジネス会議ツールを発表!

ビデオ会議の退屈さにうんざりしていませんか?心配しないでください。Teamsユーザーであれば、WindowsやMacのTeamsデスクトップアプリで、Microsoft 365ビジネスおよびエンタープライズライセンスのすべてで、アバターが一般的に利用可能になりました。ホッとしました。

マイクロソフトによると、「Microsoft Teamsのアバターは、ビデオまたは非ビデオという現在の2択に代わるものであり、カスタマイズ可能なアバターやリアクションを特徴としており、カメラの休憩を提供しながらエンゲージメントと楽しみを促進します。 」とのことです。

関連ニュースで、マイクロソフトは、職場でVRに重点を置いたエクスペリエンスを開発する開発者向けプラットフォームであるMeshのプライベートプレビューの開始を発表しました。 Teamsユーザーは、プライベートプレビューでも没入型のスペースに参加できるようになり、グループに歩いて追いつくことができるなど、対面の相互作用の多くの要素を模倣することを目指しています。

Microsoftは、Meshのリリースが「メタバース」の実現を目指す同社の最後の残滓のように感じられるとしています。2年近く前に発表されたMeshでは、VRおよびARテクノロジーへの同社の投資が終息していることを示す動きが見られました。同社は、社内の再編成の一環として、社交型VRエクスペリエンスを構築していたAltspaceVRを閉鎖し、Microsoft HoloLens 2の後継機に関しても「戦略的な不確実性」のためにキャンセルしたと報じられています。

しかし、マイクロソフトはこれを否定し、スポークスパーソンは電子メールで、次のように述べています。「顧客からの要望が高いことから、イマーシブなソリューションの強いニーズを継続的に抱えています。パンデミック後、ますます分散化しているグローバルな労働力を受け入れることは、職場で自然で有意義なつながりが失われる可能性があるとのこと。 [Meshを使用することで、]組織は失われた社会的資本を再構築する機会があり、旅行や施設の負担と環境への影響を軽減することができます。」

Microsoftは、Buildからのその他のアイテムを見る限り、生成AIスペースの支配に焦点を合わせていることが明らかです。広く採用するためにVRに意欲を示したMetaが、何百億ものドルを投資していた「メタバース」において、Metaに掛かった費用が明らかに誤ったことを示しています。Metaは、投資家の圧力の一部として、VR技術に対する注意をAIに転換しています。

結局、Microsoftの戦略が正しいかどうかは時間が経って初めてわかることでしょう。しかし、彼らはまだ転換の後悔はないと思われます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments