木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【リアルなビジュアル体験!】MicrosoftがTeamsにアバター導入 ビジネス会議の質を向上

【リアルなビジュアル体験!】MicrosoftがTeamsにアバター導入 ビジネス会議の質を向上

ビデオ会議の退屈さにうんざりしましたか?ここで悩まないでください。「Teams」ユーザーであれば、WindowsおよびMacのTeamsデスクトップアプリで、Microsoft 365 BusinessおよびEnterpriseライセンス全体で、アバターが今週から一般的に利用可能になりました。やったー。

Microsoftは、「Microsoft Teamsのアバターは、現在のビデオの有無の2択に対する代替手段を提供し、カスタマイズ可能なアバターとリアクションが特徴で、カメラ休憩の選択肢を提供しながら、参加と楽しさを促進します。」と述べています。私はそれまで行くとは思いません。でも、無言の画面よりももっとエンターテインメント性のある業務通話になります。

関連ニュースとして、マイクロソフトは「Mesh」をプライベートプレビューで発表し、開発者が職場向けのVR体験を構築できるプラットフォームを提供しています。Teamsユーザーはプライベートプレビューでも、同様の目的を持った没入型の空間に参加できます。これにより、「人としての相互作用に似た多くの要素を模倣」できます。

マイクロソフトのMeshの展開は、さまざまな方法で、今後メタバースが広まることを意図したマイクロソフトの最後の残滓のように感じられます。2年近く前に発表されたMeshは、VRおよびARテクノロジーへの投資が低下しつつあることを示す動きをしており、2022年1月には、ソーシャルVRエクスペリエンスを構築していた AltspaceVRを、「企業全体の再編の一部」として閉鎖しました。マイクロソフトは、後継ヘッドセット「HoloLens 2」を「戦略的な不確定性」のために中止したとも報道されています。

もちろんマイクロソフトはこれを否定しています。関係者は電子メールで次のように述べています。「当社の没入型ソリューションについて、お客様から引き続き強い関心と需要があることを確認しています。 パンデミック後、より分散したグローバルな労働力に対応することは、職場で自然で意味のあるつながりが失われる可能性があるということをお客様から伺っています。[Meshを使うことで]、企業は失われた社会的資本を再構築することができ、また旅行や施設の財政的負担や環境への影響を減らすことができます。」

しかし、Buildからの他のアイテムを見ると、Microsoftが生成AIの領域で支配することに集中していることは明らかです。メタバースに関しては、テックジャイアントの1つであるMetaがVRを広く採用することを意図して多くの資本を注ぎ込んでいる傍証があります。さらに、投資家の圧力の結果、MetaはVRテクノロジーからAIに関心を移行しています。(Metaは最近、カスタムチップとスーパーコンピューターを導入することでAIに大きく投資しています)

これが正しい選択であるかどうかは、時間が経ってからわかるでしょう。しかし、今のところマイクロソフトは、ピボットについて後悔はしていないようです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments